処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196233 - 軟骨組織の再生を促進するための組成物

公開番号 WO/2020/196233
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012229
国際出願日 19.03.2020
IPC
A61P 19/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19骨格系疾患の治療剤
02関節疾患のためのもの,例.関節炎,関節症
A61P 19/08 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19骨格系疾患の治療剤
08骨疾患のためのもの,例.くる病,ページェット病
A61P 43/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43グループA61P1/00~A61P41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
A61K 38/17 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38ペプチドを含有する医療製剤
1621以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
17動物由来;ヒト由来
A61K 35/28 2015.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35構造未知の物質またはその反応生成物を含有する医薬品製剤
12哺乳動物からの物質;特定されていない組織または細胞からなる組成物;非胚性幹細胞からなる組成物;遺伝子的に修飾された細胞
28骨髄;造血幹細胞;由来を問わない間葉系幹細胞,例.脂肪由来幹細胞
A61L 27/22 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
27補綴または補綴用品のコーティングのための材料
14高分子材料
22ポリペプチド,またはその誘導体
出願人
  • 国立大学法人東京医科歯科大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOKYO MEDICAL AND DENTAL UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 辻 邦和 TSUJI Kunikazu
  • 尾島 美代子 OJIMA Miyoko
  • 宗田 大 MUNETA Takeshi
  • 古賀 英之 KOGA Hideyuki
  • 関矢 一郎 SEKIYA Ichiro
代理人
  • 特許業務法人セントクレスト国際特許事務所 CENTCREST IP ATTORNEYS
優先権情報
2019-05941826.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITION FOR PROMOTING CARTILAGE TISSUE REGENERATION
(FR) COMPOSITION POUR FAVORISER LA RÉGÉNÉRATION DE TISSU CARTILAGINEUX
(JA) 軟骨組織の再生を促進するための組成物
要約
(EN)
In the present invention, it is revealed that activin has an activity of promoting regeneration of the meniscus or cartilage tissue and an activity of promoting growth of MSCs without affecting differentiation/pluripotency thereof. It is also discovered that, by using activin, it is possible to treat and prevent meniscal damage or cartilage disorders, including suppression of pain and cartilage degeneration.
(FR)
Dans la présente invention, il est révélé que l'activine a une activité favorisant la régénération du ménisque ou du tissu cartilagineux et une activité favorisant la croissance des MSC sans affecter leur différenciation/pluripotence. Il est également découvert que, en utilisant l'activine, il est possible de traiter et de prévenir des lésions du ménisque ou des troubles du cartilage, y compris la suppression de la douleur et de la dégénérescence du cartilage.
(JA)
アクチビンが、分化多能性に影響を与えることなく、MSCの増殖を促進する活性、半月板又は軟骨組織の再生を促進する活性を有することを明らかにした。さらに、アクチビンを用いることにより、軟骨の退行変性及び疼痛の抑制も含め、半月板損傷又は軟骨障害を治療及び予防することが可能となることも見出した。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報