処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196184 - 多層構造体及びそれを含むスタンドアップパウチ

公開番号 WO/2020/196184
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012090
国際出願日 18.03.2020
IPC
B32B 27/28 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
28以下のサブグループのどの1つにも完全に包含されない合成樹脂の共重合体からなるもの
B32B 27/32 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
32ポリオレフインからなるもの
B32B 27/34 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
34ポリアミドからなるもの
B65D 30/16 2006.01
B処理操作;運輸
65運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D物品または材料の貯蔵または輸送用の容器,例.袋,樽,びん,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,広口びん,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉鎖具,または閉鎖具のための付属品;包装要素;包装体
30大袋,袋または類似の容器
10形状,構造に特徴のあるもの
16剛性の端壁をもつもの,例.自立袋
B65D 65/40 2006.01
B処理操作;運輸
65運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D物品または材料の貯蔵または輸送用の容器,例.袋,樽,びん,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,広口びん,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉鎖具,または閉鎖具のための付属品;包装要素;包装体
65被包材または可撓性カバー;特殊な型または形の包装材
38特殊な型または形の包装材
40特定の包装目的のためのラミネート材の応用
出願人
  • 三菱ケミカル株式会社 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 大浦 滉平 OURA Kohei
  • 中西 伸次 NAKANISHI Shinji
  • 高塚 芽衣 TAKATSUKA Mei
  • 松村 嘉尚 MATSUMURA Yoshitaka
代理人
  • 西藤 征彦 SAITOH Yukihiko
  • 井▲崎▼ 愛佳 IZAKI Aika
  • 西藤 優子 SAITO Yuko
  • 寺尾 茂泰 TERAO Shigeyasu
優先権情報
2019-05505922.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MULTILAYER STRUCTURE AND STAND-UP POUCH COMPRISING SAME
(FR) STRUCTURE MULTICOUCHE ET SACHET TENANT DEBOUT COMPRENANT UNE TELLE STRUCTURE MULTICOUCHE
(JA) 多層構造体及びそれを含むスタンドアップパウチ
要約
(EN)
The present invention provides a multilayer structure described below, which enables the achievement of a stand-up pouch that has a good balance between low water vapor transmission rate and sufficient heat seal strength, while being suppressed in the change ratio of gas barrier properties after retort processing. A multilayer structure (10) which is characterized by comprising a protective layer (1), an ethylene-vinyl alcohol copolymer layer (2b) and a heat seal resin layer (3b), while having an intermediate layer (3a) that contains a polypropylene resin between the ethylene-vinyl alcohol copolymer layer (2b) and the heat seal resin layer (3b), and which is also characterized in that the intermediate layer (3a) additionally contains a hydrocarbon resin that has a number average molecular weight of 100-3,000 and a softening point of 60°C or more but less than 170°C.
(FR)
La présente invention concerne une structure multicouche, qui permet l'obtention d'un sachet tenant debout qui a un bon équilibre entre un faible taux de transmission de vapeur d'eau et une résistance de thermoscellage suffisante, tout en supprimant un taux de modification des propriétés de barrière aux gaz après un traitement en autoclave. La structure multicouche (10) est caractérisée en ce qu'elle comprend une couche de protection (1), une couche de copolymère d'éthylène-alcool vinylique (2b) et une couche de résine de thermoscellage (3b), tout en ayant une couche intermédiaire (3a) qui contient une résine de polypropylène entre la couche de copolymère d'éthylène-alcool vinylique (2b) et la couche de résine de thermoscellage (3b), et est également caractérisée en ce que la couche intermédiaire (3a) contient en outre une résine hydrocarbonée qui a un poids moléculaire moyen en nombre de 100-3 000 et un point de ramollissement supérieur ou égal à 60 °C mais inférieur à 170 °C.
(JA)
低い水蒸気透過度と充分なヒートシール強度を両立し、かつレトルト処理後のガスバリア性の変化率が小さいスタンドアップパウチが得られる多層構造体として下記を提供する。 保護層(1)、エチレン-ビニルアルコール系共重合体層(2b)、及びヒートシール樹脂層(3b)を有し、上記エチレン-ビニルアルコール系共重合体層(2b)と上記ヒートシール樹脂層(3b)の間にポリプロピレン系樹脂を含有する中間層(3a)を有し、上記中間層(3a)が、数平均分子量が100~3000であり、軟化点が60℃以上170℃未満である炭化水素系樹脂をさらに含むことを特徴とする多層構造体(10)。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報