処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196119 - 硬化型粘接着シート、及び硬化型粘接着シートの製造方法

公開番号 WO/2020/196119
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011847
国際出願日 17.03.2020
IPC
C09J 7/35 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7フィルム状または箔状の接着剤
30接着剤組成物に特徴のあるもの
35熱活性型
C09J 7/38 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7フィルム状または箔状の接着剤
30接着剤組成物に特徴のあるもの
38感圧性接着剤
C09J 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
06有機物
C09J 11/08 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
08高分子添加剤
C09J 163/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
163エポキシ樹脂に基づく接着剤;エポキシ樹脂の誘導体に基づく接着剤
出願人
  • 日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 田中 亜樹子 TANAKA Akiko
  • 西丸 あゆみ NISHIMARU Ayumi
  • 保井 淳 YASUI Atsushi
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2019-06506828.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CURABLE ADHESIVE SHEET AND METHOD FOR PRODUCING CURABLE ADHESIVE SHEET
(FR) FEUILLE ADHÉSIVE DURCISSABLE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FEUILLE ADHÉSIVE DURCISSABLE
(JA) 硬化型粘接着シート、及び硬化型粘接着シートの製造方法
要約
(EN)
The present invention relates to a curable adhesive sheet provided with an adhesive layer formed from an adhesive composition containing an epoxy resin, a latent curing agent, and a gelling agent. The latent curing agent has a reaction initiation temperature of 45-120°C.
(FR)
La présente invention concerne une feuille adhésive durcissable pourvue d'une couche adhésive formée à partir d'une composition adhésive contenant une résine époxy, un agent de durcissement latent et un agent gélifiant. L'agent de durcissement latent présente une température d'initiation de réaction de 45 à 120° C.
(JA)
本発明は、エポキシ樹脂と、潜在性硬化剤と、ゲル化剤とを含む粘接着剤組成物からなる粘接着剤層を備える硬化型粘接着シートであって、前記潜在性硬化剤は45℃以上120℃以下の反応開始温度を有する、硬化型粘接着シートに関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報