処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196109 - 繊維強化樹脂基材

公開番号 WO/2020/196109
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011802
国際出願日 17.03.2020
IPC
C08K 5/5435 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
54けい素含有化合物
541酸素を含有するもの
5435環中に酸素を含有するもの
C08K 5/544 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
54けい素含有化合物
544窒素を含有するもの
C08K 7/06 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7形状に特徴を有する配合成分の使用
02繊維またはウィスカ
04無機物
06元素
C08L 81/02 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
81主鎖のみに窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにいおうを含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;ポリスルホンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02ポリチオエーテル;ポリチオエーテル―エーテル
C08L 101/12 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
101不特定の高分子化合物の組成物
12物理的性質,例.異方性,粘性または導電性,に特徴があるもの
C08J 5/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
04解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
出願人
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 大内山直也 OUCHIYAMA, Naoya
  • 越政之 KOSHI, Masayuki
  • 成瀬恵寛 NARUSE, Yoshihiro
優先権情報
2019-05815726.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FIBER-REINFORCED RESIN BASE MATERIAL
(FR) MATÉRIAU DE BASE EN RÉSINE RENFORCÉ PAR DES FIBRES
(JA) 繊維強化樹脂基材
要約
(EN)
[Problem] To provide a highly heat-resistant fiber-reinforced resin base material which exhibits excellent impregnation ability and thermal stability, while having good surface quality with less voids. [Solution] A fiber-reinforced resin base material which is obtained by impregnating a continuous reinforcing fiber or a reinforcing fiber base material, wherein discontinuous fibers are dispersed, with a polyphenylene sulfide resin composition, and which has a glass transition temperature of 115°C or higher as determined by a DMA method (bending mode).
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un matériau de base en résine renforcé par des fibres hautement résistant à la chaleur qui présente une excellente aptitude à l'imprégnation et une excellente stabilité thermique, tout en ayant une bonne qualité de surface avec moins de vides. À cet effet, l'invention concerne un matériau de base en résine renforcé par des fibres qui est obtenu par imprégnation d'une fibre de renfort continue ou d'un matériau de base de fibre de renfort, des fibres discontinues étant dispersées, avec une composition de résine de sulfure de polyphénylène, et qui a une température de transition vitreuse supérieure ou égale à 115 °C telle que déterminée par un procédé DMA (mode de flexion).
(JA)
【課題】含浸性と熱安定性に優れた、ボイドが少なく表面品位、高耐熱性の繊維強化樹脂基材を提供する。 【解決手段】連続した強化繊維に、または不連続の繊維が分散した強化繊維基材に、ポリフェニレンスルフィド樹脂組成物を含浸させてなる繊維強化樹脂基材であって、DMA法(曲げモード)で測定したガラス転移温度が115℃以上を示す繊維強化樹脂基材である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報