処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195978 - プラント監視装置、プラント監視方法、及びプログラム

公開番号 WO/2020/195978
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011224
国際出願日 13.03.2020
IPC
G05B 23/02 2006.01
G物理学
05制御;調整
B制御系または調整系一般;このような系の機能要素;このような系または要素の監視または試験装置
23制御系またはその一部の試験または監視
02電気式試験または監視
F01D 25/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
F02C 7/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7グループF02C1/00~F02C6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
G21C 17/00 2006.01
G物理学
21核物理;核工学
C原子炉
17監視;試験
出願人
  • 三菱パワー株式会社 MITSUBISHI POWER, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 永野 一郎 NAGANO Ichiro
  • 斎藤 真由美 SAITO Mayumi
  • 江口 慶治 EGUCHI Keiji
  • 青山 邦明 AOYAMA Kuniaki
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi
  • 伊藤 英輔 ITO Eisuke
  • 橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki
  • 古都 智 FURUICHI Satoshi
  • 鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro
優先権情報
2019-06357528.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PLANT MONITORING DEVICE, PLANT MONITORING METHOD, AND PROGRAM
(FR) DISPOSITIF DE SURVEILLANCE D'USINE, PROCÉDÉ DE SURVEILLANCE D'USINE, ET PROGRAMME
(JA) プラント監視装置、プラント監視方法、及びプログラム
要約
(EN)
A plant monitoring device (20) is provided with: a detection value acquisition unit (211) that acquires a bundle of detection values; a first Mahalanobis distance calculation unit (212) that calculates a first Mahalanobis distance; a plant state determination unit (213) that determines whether the operation state of a plant is normal or abnormal; a cause detection value estimation unit (214) that estimates a cause detection value which represents a cause of the abnormality of the plant; a second Mahalanobis distance calculation unit (215) that calculates a second Mahalanobis distance by increasing or decreasing the detection value estimated as the cause detection value; and an identification unit (216) that identifies whether the abnormality can be relieved by increasing or decreasing the detection value estimated as the cause detection value.
(FR)
L'invention porte sur un dispositif de surveillance d'usine (20) qui comprend : une unité d'acquisition de valeur de détection (211) qui acquiert un faisceau de valeurs de détection; une première unité de calcul de distance de Mahalanobis (212) qui calcule une première distance de Mahalanobis; une unité de détermination d'état d'usine (213) qui détermine si l'état de fonctionnement d'une usine est normal ou anormal; une unité d'estimation de valeur de détection de cause (214) qui estime une valeur de détection de cause qui représente une cause de l'anomalie de l'usine; une seconde unité de calcul de distance de Mahalanobis (215) qui calcule une seconde distance de Mahalanobis par augmentation ou diminution de la valeur de détection estimée en tant que valeur de détection de cause; et une unité d'identification (216) qui identifie si l'anomalie peut être atténuée par augmentation ou diminution de la valeur de détection estimée en tant que valeur de détection de cause.
(JA)
プラント監視装置(20)は、検出値の束を取得する検出値取得部(211)と、第1マハラノビス距離を算出する第1マハラノビス距離算出部(212)と、前記プラントの運転状態が正常か異常かを判定するプラント状態判定部(213)と、前記プラントの異常の原因となる検出値である原因検出値を推定する原因検出値推定部(214)と、前記原因検出値として推定された検出値の値を増加又は減少させて第2マハラノビス距離を算出する第2マハラノビス距離算出部(215)と、前記原因検出値として推定された検出値の値を増加させることにより異常を緩和させることができるか、又は減少させることにより異常を緩和させることができるかを特定する特定部(216)と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報