処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195915 - 自動車ブレーキディスクローター用フェライト系ステンレス鋼板、自動車ブレーキディスクローター及び自動車ブレーキディスクローター用ホットスタンプ加工品

公開番号 WO/2020/195915
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010947
国際出願日 12.03.2020
IPC
C21D 8/02 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
02板あるいはストリップの製造中におけるもの
C21D 9/00 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C22C 38/38 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
38マンガンを1.5重量%より多く共に含有するもの
C22C 38/60 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
60鉛,セレン,テルル,アンチモンまたは0.04重量%より多く硫黄を含有するもの
C21D 1/18 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻しの一般的方法または装置
18硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
出願人
  • 日鉄ステンレス株式会社 NIPPON STEEL STAINLESS STEEL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 吉澤 俊希 YOSHIZAWA Toshiki
  • 松橋 透 MATSUHASHI Tooru
代理人
  • 特許業務法人樹之下知的財産事務所 KINOSHITA & ASSOCIATES
優先権情報
2019-06317728.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FERRITIC STAINLESS STEEL SHEET FOR AUTOMOBILE BRAKE DISK ROTORS, AUTOMOBILE BRAKE DISK ROTOR, AND HOT-STAMPED ARTICLE FOR AUTOMOBILE BRAKE DISK ROTORS
(FR) TÔLE D'ACIER INOXYDABLE FERRITIQUE DE DISQUES DE FREIN D'AUTOMOBILE, DISQUE DE FREIN D'AUTOMOBILE, ET ARTICLE ESTAMPÉ À CHAUD DE DISQUES DE FREIN D'AUTOMOBILE
(JA) 自動車ブレーキディスクローター用フェライト系ステンレス鋼板、自動車ブレーキディスクローター及び自動車ブレーキディスクローター用ホットスタンプ加工品
要約
(EN)
A ferritic stainless steel sheet for automobile brake disk rotors, which contains, in % by mass, 0.001 to 0.05% of C, 0.001 to 0.05% of N, 0.3 to 4.0% of Si, 0.01 to 2.0% of Mn, 0.01 to 0.05% of P, 0.0001 to 0.02% of S and 10 to 20% of Cr, and also contains at least one of 0.001 to 0.5% of Ti and 0.01 to 0.8% of Nb, with the remainder made up by Fe and impurities. After hot-stamping, the crystal grain diameters are 100 to 200 μm and precipitates each having a grain diameter of 500 nm or less are present at a density of 0.01 to 20 grains/μm2.
(FR)
L'invention concerne une tôle d'acier inoxydable ferritique de disques de frein d'automobile, contenant, en % en masse, de 0,001 à 0,05 % de C, de 0,001 à 0,05 % de N, de 0,3 à 4,0 % de Si, de 0,01 à 2,0 % de Mn, de 0,01 à 0,05 % de P, de 0,0001 à 0,02 % de S et de 10 à 20 % de Cr, et contenant également de 0,001 à 0,5 % de Ti et/ou de 0,01 à 0,8 % de Nb, le reste étant du Fe et des impuretés. Après l'estampage à chaud, les diamètres de grain cristallin sont de 100 à 200 µm et des précipités ayant individuellement un diamètre de grain inférieur ou égal à 500 nm sont présents à une densité de 0,01 à 20 grains/µm2.
(JA)
質量%にて、C:0.001~0.05%、N:0.001~0.05%、Si:0.3~4.0%、Mn:0.01~2.0%、P:0.01~0.05%、S:0.0001~0.02%、Cr:10~20%、を含有し、さらにTi:0.001~0.5%、Nb:0.01~0.8%を1種または2種以上を含有し、残部がFeおよび不純物からなる自動車ブレーキディスクローター用フェライト系ステンレス鋼板。ホットスタンプ処理後、結晶粒径が100~200μmであり、粒径500nm以下の析出物が0.01~20個/μmの密度で存在する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報