処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195889 - ピロールイミダゾール(ポリ)アミドの製造方法

公開番号 WO/2020/195889
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010792
国際出願日 12.03.2020
IPC
C07D 207/34 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
207異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合していない5員環からなる複素環式化合物
02環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
30環原子相互間または環原子と非環原子間に2個の二重結合を有するもの
34異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
C07D 207/408 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
207異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合していない5員環からなる複素環式化合物
02環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
30環原子相互間または環原子と非環原子間に2個の二重結合を有するもの
34異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
36酸素原子または硫黄原子
402,5―ピロリジン―ジオン
404環の他の炭素原子に,水素原子または水素原子と炭素原子のみを含有する基のみが直接結合したもの,例.スクシンイミド
408環の炭素原子に結合する水素原子および炭素原子のみからなる基
C07D 403/12 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
403異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,C07D401/00に属さない複素環式化合物
022個の複素環を含有するもの
12鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C07D 471/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
471縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,C07D451/00~C07D463/00に属さない複素環式化合物
02縮合系が2個の複素環を含有するもの
04オルソー縮合系
出願人
  • 株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 村田 貴彦 MURATA, Takahiko
  • 山本 昇平 YAMAMOTO, Shohei
  • 西山 章 NISHIYAMA, Akira
代理人
  • 特許業務法人アスフィ国際特許事務所 USFI PATENT ATTORNEYS INTERNATIONAL OFFICE
優先権情報
2019-06393628.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PYRROLE IMIDAZOLE POLY(AMIDE) PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PYRROLE IMIDAZOLE POLY(AMIDE)
(JA) ピロールイミダゾール(ポリ)アミドの製造方法
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a method for producing a pyrrole imidazole poly(amide) compound at a high yield with high reproducibility, by quickly improving the conversion rate in a reaction for forming an amide bond between a carboxy group bound to pyrrole and an amino group bound to imidazole. This pyrrole imidazole poly(amide) production method involves reacting an amino imidazole carboxylic acid derivative and a pyrrole carboxylic acid derivative in the presence of a heterocyclic aromatic compound as a solvent.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un procédé de production d'un composé pyrrole imidazole poly(amide) à un rendement élevé avec une grande reproductibilité, par amélioration rapide du taux de conversion dans une réaction pour former une liaison amide entre un groupe carboxy lié au pyrrole et un groupe amino lié à l'imidazole. Ce procédé de production de pyrrole imidazole poly(amide) consiste à faire réagir un dérivé d'acide aminoimidazole carboxylique et un dérivé d'acide pyrrole carboxylique en présence d'un composé aromatique hétérocyclique en tant que solvant.
(JA)
ピロールに結合するカルボキシ基とイミダゾールに結合するアミノ基との間でアミド結合を形成する反応において、変換率が速やかに向上し、高収率に再現性良くピロールイミダゾール(ポリ)アミド化合物を製造する方法を提供することを目的とする。 溶媒としての複素環式芳香族化合物の存在下、アミノイミダゾールカルボン酸誘導体と、ピロールカルボン酸誘導体とを反応させる、ピロールイミダゾール(ポリ)アミドの製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報