処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195840 - エレクトロスラグ再溶解法に用いられるフラックス、そのフラックスの製造方法および高純度鋼の製造方法

公開番号 WO/2020/195840
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010559
国際出願日 11.03.2020
IPC
B22D 23/10 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
D金属の鋳造;同じ方法または装置による他の物質の鋳造
23B22D1/00~B22D21/00までのグループに分類されない鋳造方法
06金属,例.金属小片,の鋳型中での溶融
10エレクトロスラグ鋳造
C01F 11/22 2006.01
C化学;冶金
01無機化学
F金属ベリリウム,マグネシウム,アルミニウム,カルシウム,ストロンチウム,バリウム,ラジウム,トリウム化合物または希土類金属化合物
11カルシウム,ストロンチウム又はバリウム化合物
20ハロゲン化物
22ふっ化物
C21C 7/04 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
C銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造;鉄系合金の溶融状態での処理
7グループC21C1/00~C21C5/00に包含されない溶融鉄系合金,例.鋼,の処理
04処理剤の添加による不純物の除去
C21C 7/076 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
C銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造;鉄系合金の溶融状態での処理
7グループC21C1/00~C21C5/00に包含されない溶融鉄系合金,例.鋼,の処理
04処理剤の添加による不純物の除去
076処理剤としてのスラグまたは溶剤の使用
B22D 11/041 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
D金属の鋳造;同じ方法または装置による他の物質の鋳造
11金属の連続鋳造,すなわち不定長さへの鋳造
04両端が貫通している鋳型へのもの
041垂直型
C22B 9/18 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B金属の製造または精製;原料の予備処理
9金属の精製または再溶解の一般的方法;金属のエレクトロスラグまたはアーク再溶融のための装置
16金属の再溶融
18エレクトロスラグ再溶融
出願人
  • デンカ株式会社 DENKA COMPANY LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 平田 慧 HIRATA Satoshi
  • 小山 厚徳 KOYAMA Atsunori
  • 田中 孝明 TANAKA Takaaki
代理人
  • 速水 進治 HAYAMI Shinji
優先権情報
2019-05833326.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUX USED IN ELECTRO-SLAG REMELTING PROCESS, METHOD FOR PRODUCING SAID FLUX, AND METHOD FOR PRODUCING HIGH-PURITY STEEL
(FR) FLUX UTILISÉ DANS UN PROCÉDÉ DE REFUSION SOUS LAITIER ÉLECTROCONDUCTEUR, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DUDIT FLUX ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ACIER DE HAUTE PURETÉ
(JA) エレクトロスラグ再溶解法に用いられるフラックス、そのフラックスの製造方法および高純度鋼の製造方法
要約
(EN)
This flux is used in an electro-slag remelting process. When the water content of said flux as determined by the Karl Fischer method is denoted by W, and the change in the water content after leaving alone said flux in an environment of 30ºC and 85% RH for 14 days is denoted by ∆W, W is 0.03 mass% or less and ∆W is 0.01 mass% or less. Said flux preferably contains CaF2 and Al2O3.
(FR)
La présente invention concerne un flux qui est utilisé dans un procédé de refusion sous laitier électroconducteur. La teneur en eau dudit flux, telle que déterminée par le procédé de Karl Fischer est désignée par W, et le changement de la teneur en eau après avoir laissé seul ledit flux dans un environnement de 30 °C et 85 % d'HR pendant 14 jours est désigné par ∆W, W ayant 0,03 % en masse ou moins et ∆W ayant 0,01 % en masse ou moins. Ledit flux contient de préférence du CaF2 et de l'Al2O3.
(JA)
エレクトロスラグ再溶解法に用いられるフラックス。このフラックスの、カールフィッシャー法により求められる含水率をWとし、フラックスを30℃、85%RH環境下に14日間置いたときの含水率変化をΔWとしたとき、Wは0.03質量%以下であり、ΔWは0.01質量%以下である。このフラックスは、好ましくは、CaFとAlとを含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報