処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195806 - レーザ溶接装置およびレーザ溶接方法

公開番号 WO/2020/195806
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010402
国際出願日 10.03.2020
IPC
B23K 26/21 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
B23K 26/22 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
22スポット溶接
B23K 26/28 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
24シーム溶接
28軌跡が同一平面上に存在する曲線状シーム溶接
出願人
  • デルタ工業株式会社 DELTA KOGYO CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 山本 幸男 YAMAMOTO, Yukio
  • 都藤 智仁 TSUDO, Tomohito
  • 高橋 聖也 TAKAHASHI, Seiya
  • 橋坂 千恵子 HASHIZAKA, Chieko
代理人
  • 小谷 昌崇 KOTANI, Masataka
  • 小谷 悦司 KOTANI, Etsuji
  • 福成 勉 FUKUNARI, Tsutomu
優先権情報
2019-06495728.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LASER WELDING DEVICE AND LASER WELDING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE SOUDAGE AU LASER ET PROCÉDÉ DE SOUDAGE AU LASER
(JA) レーザ溶接装置およびレーザ溶接方法
要約
(EN)
This laser welding method comprises: a laser beam irradiation step for oscillating a laser beam and collecting the laser beam to a welding position; and a scanning step for scanning the spot of the laser beam. In performing laser welding, a plan view dot-like screw part is formed in which, while oscillating a laser beam, a metal member is melted by scanning a spot so that the spot rotates around a predetermined position, and a plan view linear part is formed which is continuous to the screw part and in which, while the metal member is in a melted state in the screw part, the metal member is melted by scanning the spot so that the spot is spaced apart from the screw part.
(FR)
Ce procédé de soudage au laser comprend : une étape d'irradiation par faisceau laser pour faire osciller un faisceau laser et collecter le faisceau laser dans une position de soudage ; et une étape de balayage pour balayer le point du faisceau laser. Lors de la réalisation d'un soudage au laser, une partie de vis de type point de vue en plan est formée dans laquelle, tout en oscillant un faisceau laser, un élément métallique est fondu par balayage d'un point de telle sorte que le point tourne autour d'une position prédéterminée, et une partie linéaire de vue en plan est formée et est continue à la partie de vis et dans laquelle, pendant que l'élément métallique est dans un état fondu dans la partie de vis, l'élément métallique est fondu par balayage du point de telle sorte que le point est espacé de la partie de vis.
(JA)
レーザ溶接方法は、レーザ光の発振およびレーザ光を溶接箇所に集光するレーザ光照射ステップと、レーザ光のスポットを走査する走査ステップと、を備える。レーザ溶接の実行において、レーザ光を発振させた状態で、スポットを所定箇所の周りを周回するように走査して金属部材を溶融させた平面視ドット状のスクリュ部を形成し、スクリュ部における金属部材が溶融状態の間に、スポットをスクリュ部から離間するように走査して金属部材を溶融させた、スクリュ部に連続する平面視線状の線状部を形成する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報