処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195778 - 排ガス浄化用触媒

公開番号 WO/2020/195778
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010230
国際出願日 10.03.2020
IPC
B01J 35/04 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
35形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02固体
04小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B01D 53/94 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34廃ガスの化学的または生物学的浄化
92エンジン排気ガスに適用されるもの
94触媒による方法によるもの
F01N 3/10 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08無害にするためのもの
10排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F02M 21/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
21非液体燃料,例.液化ガス燃料,を機関に供給する装置
02ガス状燃料用
B01J 23/63 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
23グループB01J21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38貴金属に関するもの
54グループB01J23/02~B01J23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56白金族金属
63希土類またはアクチニドと結合したもの
出願人
  • 株式会社キャタラー CATALER CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 野口 貴弘 NOGUCHI, Takahiro
  • 尾上 亮太 ONOE, Ryota
  • 田▲崎▼ 凌 TASAKI, Ryo
  • 岩井 桃子 IWAI, Momoko
  • 松下 大和 MATSUSHITA, Yamato
代理人
  • 安部 誠 ABE, Makoto
優先権情報
2019-06178027.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CATALYST FOR PURIFYING EXHAUST GAS
(FR) CATALYSEUR POUR PURIFIER UN GAZ D'ÉCHAPPEMENT
(JA) 排ガス浄化用触媒
要約
(EN)
The present invention provides a catalyst for purifying exhaust gas, the catalyst having exceptional performance in purifying chemically stable methane. The catalyst 5 for purifying exhaust gas according to the present invention comprises a substrate 10 that divides cells 12 through which an exhaust gas passes, and a catalyst layer 20 provided to the surface of the substrate 10. The catalyst layer 20 includes: a palladium layer 21 that includes palladium and that is extended from a first end part 10a, which is an end part of the cells 12 at which the exhaust gas is introduced, toward a second end part 10b, which is an end part at which the exhaust gas is discharged; a platinum layer 22 that includes platinum and that is extended from the second end part 10b toward the first end part 10a; and a rhodium layer 23 that includes rhodium and that is layered on both the palladium layer 21 and the platinum layer 22. The Pd layer 21 includes an alkali earth metal at a content amount of 0.04-0.16 mol inclusive per 100g of the Pd layer. In the Pt layer, the alkali earth metal content per 100 g of the Pt layer is limited to no more than 0.03 mol.
(FR)
La présente invention concerne un catalyseur pour purifier un gaz d'échappement, le catalyseur ayant une performance exceptionnelle dans la purification du méthane chimiquement stable. Le catalyseur 5 de purification de gaz d'échappement selon la présente invention comprend un substrat 10 qui divise des cellules 12 à travers lesquelles passe un gaz d'échappement, et une couche de catalyseur 20 disposée sur la surface du substrat 10. La couche de catalyseur 20 comprend : une couche de palladium 21 qui comprend du palladium et qui est étendue à partir d'une première partie d'extrémité 10a, qui est une partie d'extrémité des cellules12 à laquelle le gaz d'échappement est introduit, vers une seconde partie d'extrémité 10b, qui est une partie d'extrémité à laquelle le gaz d'échappement est évacué; une couche de platine 22 qui comprend du platine et qui s'étend depuis la seconde partie d'extrémité 10b vers la première partie d'extrémité 10a; et une couche de rhodium 23 qui comprend du rhodium et qui est stratifiée sur la couche de palladium 21 et la couche de platine 22. La couche de Pd 21 comprend un métal alcalino-terreux à une teneur de 0,04 à 0,16 mol inclus par 100 g de la couche de Pd. Dans la couche de Pt, la teneur en métal alcalino-terreux Pour 100 g de la couche de Pt est limitée à pas plus de 0,03 mole.
(JA)
本発明は、化学的に安定なメタンの浄化性能に優れた排ガス浄化用触媒を提供する。本発明に係る排ガス浄化用触媒5は、排ガスが流通するセル12を区画する基材10と、基材10の表面に設けられた触媒層20と、を備える。触媒層20は、セル12の排ガスが流入される側の端部である第1端部10aから排ガスが流出される側の端部である第2端部10bに向けて延設され、パラジウムを含むパラジウム層21と、第2端部10bから第1端部10aに向けて延設され、プラチナを含むプラチナ層22と、パラジウム層21とプラチナ層22の両方に積層され、ロジウムを含むロジウム層23と、を含む。Pd層21は、当該Pd層100gあたりにアルカリ土類金属を0.04モル以上0.16モル以下の含有量で含む。Pt層22は、当該Pt層100gあたりのアルカリ土類金属の含有量が0.03モル以下に制限されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報