処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195743 - 放射冷却装置及び放射冷却方法

公開番号 WO/2020/195743
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/009989
国際出願日 09.03.2020
IPC
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
B32B 27/30 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
30ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
F25B 23/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
23グループF25B1/00~F25B21/00に包含されない単一の作動様式,例.選択的な輻射効果を用いるもの,をもつ機械,プラントまたはシステム
F28F 13/18 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
F一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
13熱伝達を修正,例.増加,減少,するための装置
18被覆材を適用することによるもの,例.放射熱を吸収,放射熱を反射;表面処理によるもの,例.つや出し
B32B 15/08 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
G02B 5/08 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
5レンズ以外の光学要素
08反射鏡
出願人
  • 大阪瓦斯株式会社 OSAKA GAS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 末光真大 SUEMITSU Masahiro
  • 齋藤禎 SAITO Tadashi
代理人
  • 特許業務法人R&C R&C IP LAW FIRM
優先権情報
2019-06042727.03.2019JP
2019-16716413.09.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RADIATION COOLING DEVICE AND RADIATION COOLING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE REFROIDISSEMENT PAR RAYONNEMENT ET PROCÉDÉ DE REFROIDISSEMENT PAR RAYONNEMENT
(JA) 放射冷却装置及び放射冷却方法
要約
(EN)
Provided is a radiation cooling device that can be retrofitted to existing outdoor equipment and has flexibility. The present invention is provided with: an infrared radiating layer A that radiates infrared IR from a radiation surface H; and a light reflective layer B positioned on the infrared radiating layer A on a side opposite to a side on which the radiation surface H is present, wherein the infrared radiating layer A is a resin material layer J the thickness of which is adjusted such that thermal radiant heat energy greater than absorbed solar heat energy is radiated within a band of wavelength 8-14 μm.
(FR)
L'invention concerne un dispositif de refroidissement par rayonnement pouvant être adapté à un équipement extérieur existant et présentant de la flexibilité. La présente invention comprend : une couche de rayonnement infrarouge (A), qui produit un rayonnement infrarouge IR à partir d'une surface de rayonnement (H) ; et une couche réfléchissante de lumière (B), positionnée sur la couche de rayonnement infrarouge (A) sur un côté opposé à un côté sur lequel se trouve la surface de rayonnement (H), la couche de rayonnement infrarouge (A) étant une couche de matériau de résine (J) dont l'épaisseur est réglée de sorte que l'énergie thermique de rayonnement thermique supérieure à l'énergie thermique solaire absorbée soit rayonnée dans une bande de longueurs d'onde de 8 à 14 µm.
(JA)
既設の屋外設備に後付け可能な柔軟性の高い放射冷却装置を提供する。 放射面Hから赤外光IRを放射する赤外放射層Aと、当該赤外放射層Aにおける放射面Hの存在側とは反対側に位置させる光反射層Bとが設けられ、赤外放射層Aが、吸収した太陽光エネルギーよりも大きな熱輻射エネルギーを波長8μmから波長14μmの帯域で放つ厚みに調整された樹脂材料層Jである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報