処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195694 - 増幅回路

公開番号 WO/2020/195694
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/009594
国際出願日 06.03.2020
IPC
H03F 1/42 2006.01
H電気
03基本電子回路
F増幅器
1増幅素子として電子管のみ,半導体装置のみまたは汎用素子のみを用いた増幅器の細部
42帯域幅を拡げるための増幅器の変形
H01L 21/8238 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
701つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品または集積回路からなる装置またはその特定部品の製造または処理;集積回路装置またはその特定部品の製造
771つの共通基板内または上に形成される複数の固体構成部品または集積回路からなる装置の製造または処理
78複数の別個の装置に基板を分割することによるもの
82それぞれが複数の構成部品からなる装置,例.集積回路の製造
822基板がシリコン技術を用いる半導体であるもの
8232電界効果技術
8234MIS技術
8238相補型電界効果トランジスタ,例.CMOS
H01L 27/092 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
271つの共通基板内または上に形成された複数の半導体構成部品または他の固体構成部品からなる装置
02整流,発振,増幅またはスイッチングに特に適用される半導体構成部品を含むものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する集積化された受動回路素子を含むもの
04基板が半導体本体であるもの
081種類の半導体構成部品だけを含むもの
085電界効果構成部品のみを含むもの
088構成部品が絶縁ゲートを有する電界効果トランジスタであるもの
092相補型MIS電界効果トランジスタ
H01L 29/786 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
29整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部
66半導体装置の型
68整流,増幅またはスイッチされる電流を流さない電極に電流のみまたは電位のみを与えることにより制御できるもの
76ユニポーラ装置
772電界効果トランジスタ
78絶縁ゲートによって生じる電界効果を有するもの
786薄膜トランジスタ
H03F 1/34 2006.01
H電気
03基本電子回路
F増幅器
1増幅素子として電子管のみ,半導体装置のみまたは汎用素子のみを用いた増幅器の細部
34正帰還をもつ,またはもたない負帰還回路装置
H03K 19/0948 2006.01
H電気
03基本電子回路
Kパルス技術
19論理回路,すなわち,1出力に作用する少なくとも2入力を持つもの;反転回路
02特定の構成要素を用いるもの
08半導体装置を用いるもの
094電界効果トランジスタを用いるもの
0944MOSFETを用いるもの
0948CMOSを用いるもの
出願人
  • 株式会社SCREENホールディングス SCREEN HOLDINGS CO., LTD. [JP]/[JP]
  • 国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 木村 知玄 KIMURA, Tomoharu
  • 陶山 武史 SUYAMA, Takeshi
  • 芝藤 弥生 SHIBAFUJI, Yayoi
  • 関谷 毅 SEKITANI, Tsuyoshi
  • 植村 隆文 UEMURA, Takafumi
代理人
  • 振角 正一 FURIKADO, Shoichi
  • 大西 一正 OHNISHI, Kazumasa
優先権情報
2019-06224228.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AMPLIFIER CIRCUIT
(FR) CIRCUIT AMPLIFICATEUR
(JA) 増幅回路
要約
(EN)
The present invention provides an amplifier circuit 10 for amplifying a signal inputted into an input terminal Vi and outputting the amplified signal from an output terminal Vo, the amplifier circuit 10 being provided with: an inverter circuit 100 for outputting an output signal, obtained by inverting an input signal inputted into an input part Vi', from an output part Vo' to the output terminal; an input capacitor C connected between the input terminal and the input part of the inverter circuit; and a feedback element 111 connected between the input part and the output part. In the inverter circuit, a plurality of transistors 101-104 of the same conductive type constitute a pseudo CMOS inverter. The feedback element is connected to the inverter circuit so that the gate and drain of a transistor 111 of the same conductive type as the transistor 101, etc., are connected, and a forward current in a channel flows from the output part to the input part. It is made possible to obtain both excellent frequency characteristics and a short startup time without complicating the manufacturing process.
(FR)
La présente invention concerne un circuit amplificateur 10 pour amplifier un signal entré dans une borne d'entrée Vi et pour délivrer en sortie le signal amplifié à partir d'une borne de sortie Vo, le circuit amplificateur 10 étant pourvu : d'un circuit d'onduleur 100 pour délivrer en sortie un signal de sortie, obtenu par inversion d'un signal d'entrée entré dans une partie d'entrée Vi', à partir d'une partie de sortie Vo' vers le terminal de sortie ; un condensateur d'entrée C connecté entre la borne d'entrée et la partie d'entrée du circuit onduleur ; et un élément de rétroaction 111 connecté entre la partie d'entrée et la partie de sortie Dans le circuit onduleur, une pluralité de transistors 101-104 du même type conducteur constituent un onduleur pseudo CMOS. L'élément de rétroaction est connecté au circuit onduleur de telle sorte que la grille et le drain d'un transistor 111 du même type conducteur que le transistor 101, etc. sont connectés, et un courant vers l'avant dans un canal s'écoule de la partie de sortie à la partie d'entrée. Il est rendu possible d'obtenir à la fois d'excellentes caractéristiques de fréquence et un temps de démarrage court sans compliquer le processus de fabrication.
(JA)
入力端子Viに入力される信号を増幅して出力端子Voから出力する増幅回路10は、入力部Vi'に入力される入力信号を反転させた出力信号を出力部Vo'から出力端子へ出力するインバータ回路100と、入力端子とインバータ回路の入力部との間に接続された入力キャパシタCと、入力部と出力部との間に接続された帰還素子111とを備える。インバータ回路では、伝導型が互いに同じである複数のトランジスタ101~104が擬CMOSインバータを構成する。帰還素子は、トランジスタ101等と伝導型が同じであるトランジスタ111のゲート・ドレインが接続され、チャネルにおける順方向電流が出力部から入力部へ向けて流れるようにインバータ回路に接続される。製造プロセスを複雑にすることなく、優れた周波数特性と短い起動時間とを両立させることができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報