処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195692 - ガスセンサのセンサ素子

公開番号 WO/2020/195692
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/009572
国際出願日 06.03.2020
IPC
G01N 27/409 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
26電気化学的変量の調査によるもの;電解または電気泳動の利用によるもの
403セルと電極の組合せ
406固体電解質を有するセルおよびプローブ
407気体の調査または分析のためのもの
409酸素濃淡電池
G01N 27/41 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
26電気化学的変量の調査によるもの;電解または電気泳動の利用によるもの
403セルと電極の組合せ
406固体電解質を有するセルおよびプローブ
407気体の調査または分析のためのもの
41酸素ポンピングセル
G01N 27/416 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
26電気化学的変量の調査によるもの;電解または電気泳動の利用によるもの
416システム
G01N 27/419 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
26電気化学的変量の調査によるもの;電解または電気泳動の利用によるもの
416システム
417固体電解質を有するセルおよびプローブを用いるもの
419酸素ポンピングセルと酸素濃淡電池の組合せにより電圧または電流を測定するもの
出願人
  • 日本碍子株式会社 NGK INSULATORS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 大西 諒 ONISHI Ryo
  • 渡邉 悠介 WATANABE Yusuke
代理人
  • 吉竹 英俊 YOSHITAKE Hidetoshi
  • 有田 貴弘 ARITA Takahiro
  • 中尾 和樹 NAKAO Kazuki
  • 喜多 弘行 KITA Hiroyuki
優先権情報
2019-06127527.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SENSOR ELEMENT OF GAS SENSOR
(FR) ÉLÉMENT DE CAPTEUR DE CAPTEUR DE GAZ
(JA) ガスセンサのセンサ素子
要約
(EN)
A distal end protection layer that is a porous layer comprising one or more unit layers is provided on an outer peripheral part of an element substrate of this sensor element over a prescribed range from an end on a side provided with a detection unit. Given a thickness Ts,i (unit: μm) of an ith unit layer (where i = 1 to n and n is a natural number) from the element substrate side of the part of the distal end protection layer provided on one main surface or the other main surface of the element substrate, a porosity ρi (unit: %) of the unit layer, a distance Ls (unit: mm) from a heater to the one main surface or other main surface of the element substrate, and that s = p for the one main surface and s = h for the other main surface, the part of the distal end protection layer provided on the one main surface or other main surface is such that Ts,i, ρi, and Ls satisfy a prescribed relational expression.
(FR)
Selon la présente invention, une couche de protection d'extrémité distale constituant une couche poreuse comprenant une ou plusieurs couches unitaires est située sur une partie périphérique externe d'un substrat d'élément dudit élément de capteur sur une plage prescrite depuis une extrémité sur un côté comprenant une unité de détection. Étant donné une épaisseur Ts,i (unité : μm) d'une ième couche unitaire (avec i = 1 sur n et n étant un nombre naturel) depuis le côté substrat d'élément de la partie de la couche de protection d'extrémité distale située sur une surface principale ou l'autre surface principale du substrat d'élément, une porosité ρi (unité : %) de la couche unitaire, une distance Ls (unité : mm) depuis un dispositif de chauffage jusqu'à la surface principale ou jusqu'à l'autre surface principale du substrat d'élément, et étant donné que s = p pour la première surface principale et s = h pour l'autre surface principale, la partie de la couche de protection d'extrémité distale située sur la surface principale ou l'autre surface principale est telle que Ts,i, ρi et Ls satisfont une expression relationnelle prescrite.
(JA)
センサ素子の素子基体が、検知部が備わる側の端部から所定範囲の外周部に1または複数の単位層からなる多孔質層である先端保護層を備え、素子基体の一方主面または他方主面の上に設けられた先端保護層における、素子基体の側からi番目の単位層(i=1~n:nは自然数)の厚みをTs,i(単位:μm)とし、当該単位層の気孔率をρi(単位:%)とし、ヒータから素子基体の当該一方主面または他方主面までの距離をLs(単位:mm)とし、一方主面を対象とする場合にs=pとし、他方主面を対象とする場合にs=hとするとき、先端保護層のうち一方主面または他方主面の上に設けられる部分について、Ts,i、ρi、Lsが所定の関係式をみたすようにした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報