処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195569 - 鉄鋼材の表面改質方法及び鉄鋼構造物

公開番号 WO/2020/195569
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/008623
国際出願日 02.03.2020
IPC
B23K 20/12 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
12熱が摩擦により発生されるもの;摩擦接合
C21D 9/00 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
C21D 9/50 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
50溶接継手部用
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C22C 38/60 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
60鉛,セレン,テルル,アンチモンまたは0.04重量%より多く硫黄を含有するもの
C21D 1/34 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻しの一般的方法または装置
34加熱方法
出願人
  • 国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 藤井 英俊 FUJII Hidetoshi
  • 森貞 好昭 MORISADA Yoshiaki
  • 青木 祥宏 AOKI Yasuhiro
代理人
  • 特許業務法人IPRコンサルタント IPR CONSULTANT PPC
優先権情報
2019-06087327.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SURFACE-MODIFYING METHOD FOR STEEL MATERIAL, AND STEEL STRUCTURE
(FR) PROCÉDÉ DE MODIFICATION DE SURFACE POUR MATÉRIAU D'ACIER, ET STRUCTURE D'ACIER
(JA) 鉄鋼材の表面改質方法及び鉄鋼構造物
要約
(EN)
Provided are: an effective and simple surface-modifying method for prolonging the life of a steel structure made of a steel material having a high sulfur (S) content; and a steel structure having a life prolonged by the surface-modifying method. This surface-modifying method is used to form a friction stir region in a surface of a steel material using a friction stir process, and is characterized in that the sulfur (S) content of the steel material is 200 ppm or more. The sulfur (S) content of the steel material is preferably 200 ppm or more.
(FR)
L'invention concerne un procédé de modification de surface efficace et simple qui permet de prolonger la durée de vie d'une structure d'acier constituée d'un matériau d'acier ayant une teneur élevée en soufre (S) ; et une structure d'acier dont la durée de vie est prolongée par le procédé de modification de surface. Le procédé de modification de surface sert à former une région de friction-malaxage dans une surface d'un matériau d'acier à l'aide d'un procédé de friction-malaxage, et est caractérisé en ce que la teneur en soufre (S) du matériau d'acier est de 200 ppm ou plus. La teneur en soufre (S) du matériau d'acier est de préférence de 200 ppm ou plus.
(JA)
硫黄(S)含有量が多い鉄鋼材からなる鉄鋼構造物を長寿命化するための効果的かつ簡便な表面改質方法、及び当該表面改質方法によって長寿命化された鉄鋼構造物を提供する。摩擦攪拌プロセスを用いて鉄鋼材の表面に摩擦攪拌領域を形成させる表面改質方法であって、鉄鋼材の硫黄(S)の含有量が200ppm以上であること、を特徴とする鉄鋼材の表面改質方法である。鉄鋼材の硫黄(S)の含有量は200ppm以上であることが好ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報