処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195539 - セラミックス基複合材料の製造方法及びセラミックス基複合材料

公開番号 WO/2020/195539
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/008296
国際出願日 28.02.2020
IPC
B29B 11/16 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
11予備成形品の製造
14構造または組成に特徴があるもの
16充填材または補強材を有するもの
C04B 35/488 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
01酸化物を基とするもの
48酸化ジルコニウムまたは酸化ハフニウムまたはジルコニウム酸塩またはハフニウム酸塩を基とするもの
486ファインセラミックス
488複合組成物
C04B 35/80 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
71巨視的な強化用物質を含むセラミック製品
78非金属材料を含有するもの
80繊維,フィラメント,ウィスカー,小板状体または類似物
出願人
  • 三菱重工航空エンジン株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES AERO ENGINES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 西川 紘介 NISHIKAWA, Kosuke
  • 福島 明 FUKUSHIMA, Akira
  • 野上 龍馬 NOGAMI, Ryoma
  • 田麥 あづさ TAMUGI, Azusa
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2019-05745325.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING CERAMIC MATRIX COMPOSITE AND CERAMIC MATRIX COMPOSITE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSITE À MATRICE CÉRAMIQUE ET COMPOSITE À MATRICE CÉRAMIQUE
(JA) セラミックス基複合材料の製造方法及びセラミックス基複合材料
要約
(EN)
Provided are: a method for producing a ceramic matrix composite which can be inhibited from decreasing in strength; and the ceramic matrix composite. The method for producing a ceramic matrix composite 103-1 includes: a zirconia-sol-containing-layer formation step in which a zirconia-sol-containing layer 24-1 is formed in woven fabric 20 comprising a plurality of ceramic fibers 22 and interfacial layers 23 formed on the periphery of the ceramic fibers 22; an impregnation step in which the woven fabric 20 is impregnated with a polymer 30; an oxygen supply step in which oxygen is supplied to the polymer 30; an inert firing step in which heating is conducted in an inert gas atmosphere to react the polymer 30 to form a matrix 32; and an oxygen firing step in which heating is conducted in an oxygen atmosphere to remove the interfacial layers 23 to produce the ceramic matrix composite 103-1 comprising the fibers 22 and the matrix 32 disposed thereamong.
(FR)
L'invention porte sur un procédé de production d'un composite à matrice céramique qui peut être empêché de diminuer en résistance ; et sur le composite à matrice céramique. Le procédé de production d'un composite de matrice céramique 103-1 comprend les étapes suivantes : une étape de formation de couche contenant un sol de zircone, une couche contenant de la zircone-sol 24-1 étant formée dans un tissu tissé 20 comprenant une pluralité de fibres céramiques 22 et des couches interfaciales 23 formées sur la périphérie des fibres céramiques 22 ; une étape d'imprégnation, le tissu tissé 20 étant imprégné d'un polymère 30 ; une étape d'alimentation en oxygène, de l'oxygène étant fourni au polymère 30 ; une étape de cuisson inerte, le chauffage étant conduit dans une atmosphère de gaz inerte pour faire réagir le polymère 30 afin de former une matrice 32 ; et une étape de cuisson à l'oxygène, le chauffage étant effectué dans une atmosphère d'oxygène pour éliminer les couches d'interface 23 afin de produire le composite de matrice céramique 103-1 comprenant les fibres 22 et la matrice 32 disposée entre celles-ci.
(JA)
セラミックス基複合材料の強度低下を抑制可能なセラミックス基複合材料の製造方法及びセラミックス基複合材料を提供する。セラミックス基複合材料103-1の製造方法は、複数のセラミックス製の繊維22の周囲に界面層23が形成された織布20に、ジルコニアゾルを含有するジルコニアゾル含有層24-1を形成するジルコニアゾル含有層形成ステップと、この織布20にポリマー30を含浸する含浸ステップと、このポリマー30に酸素を供給する酸素供給ステップと、さらに不活性ガス雰囲気下で加熱することで、このポリマー30を反応させてマトリクス32を形成する不活性焼成ステップと、さらに酸素雰囲気下で加熱することで、界面層23を除去して、繊維22同士の間にマトリクス32が配置されるセラミックス基複合材料103-1を生成する酸素焼成ステップと、を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報