処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195498 - 焼結金属製コンロッド

公開番号 WO/2020/195498
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/007857
国際出願日 26.02.2020
IPC
B22F 3/02 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
02成形のみに特徴のあるもの
B22F 5/00 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
5製品の特殊な形状に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造
F16C 7/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
7両端で枢着された連接棒または類似のリンク;連接棒ヘッドの構造
02一定長をもつ連接棒の構造
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
出願人
  • NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 山下 智典 YAMASHITA Tomonori
代理人
  • 城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko
  • 熊野 剛 KUMANO Tsuyoshi
  • 吉川 貴士 YOSHIKAWA Takashi
優先権情報
2019-06316428.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SINTERED METAL CONNECTING ROD
(FR) BARRE DE LIAISON EN MÉTAL FRITTÉ
(JA) 焼結金属製コンロッド
要約
(EN)
A sintered metal connecting rod 10 has, as an integrated body, a large-end part 11, a small-end part 12, and a stem part 13. In this sintered metal connecting rod 10, molding die division marks 14a, 14b from compression molding are formed between the large-end part 11 and the stem part 13 and between the small-end part 12 and the stem part 13 on front or back surfaces 11c-13c in which through holes 11a, 12a are formed, and the difference in density between the large-end part 11 and the stem part 13 and the difference in density between the small-end part 12 and the stem part 13 are each 4% or less.
(FR)
L’invention concerne une barre de liaison en métal fritté (10) comportant, en tant que corps intégré, une partie à extrémité large (11), une partie à petite extrémité (12), et une partie tige (13). Dans cette barre de liaison en métal fritté (10), des marques de division de matrice de moulage (14a, 14b), résultant du moulage par compression, sont formées entre la partie à extrémité large (11) et la partie tige (13) et entre la partie à petite extrémité (12) et la partie tige (13) sur des surfaces avant ou arrière (11c-13c) dans lesquelles sont formés des trous traversants (11a, 12a), et la différence de densité entre la partie à extrémité large (11) et la partie tige (13) et la différence de densité entre la partie à petite extrémité (12) et la partie tige (13) sont chacune inférieures ou égales à 4 %.
(JA)
焼結金属製コンロッド10は、大端部11と小端部12、及びステム部13を一体に有する。この焼結金属製コンロッド10において、貫通孔11a,12aが開口する表裏一方の表面11c~13cのうち大端部11とステム部13との間、及び小端部12とステム部13との間にそれぞれ、圧縮成形による成形型の分割跡14a,14bが形成され、大端部11とステム部13との密度差、及び小端部12とステム部13との密度差が何れも4%以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報