処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195487 - トリポード型等速自在継手

公開番号 WO/2020/195487
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/007754
国際出願日 26.02.2020
IPC
F16D 3/20 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
F16D 3/205 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
202一方の継ぎ手部材が,半径方向に突出する複数のピンをもつもの,例.トリボード継ぎ手
205そのピンがその継ぎ手部材の半径方向外方に伸びているもの
C21D 1/06 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻しの一般的方法または装置
06表面硬化
出願人
  • NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 河田 将太 KAWATA Shouta
  • 牧野 弘昭 MAKINO Hiroaki
  • 板垣 卓 ITAGAKI Taku
  • 石島 実 ISHIJIMA Minoru
代理人
  • 城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko
  • 熊野 剛 KUMANO Tsuyoshi
優先権情報
2019-05475222.03.2019JP
2019-12363702.07.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TRIPOD-TYPE CONSTANT-VELOCITY UNIVERSAL JOINT
(FR) JOINT UNIVERSEL HOMOCINÉTIQUE DE TYPE TRIPODE
(JA) トリポード型等速自在継手
要約
(EN)
A leg shaft (7) comprises: a high hardness part (A) that is formed on the surface of the leg shaft (7) such that the carbon content gradually decreases from the surface toward the core of the leg shaft (7); a medium hardness part (B) that is formed closer to the core than the high hardness part (A) and has lower hardness than the high hardness part (A); and a low hardness part (D) that is formed closer to the core than the medium hardness part (B) and has lower hardness than the medium hardness part. The hardness of the high hardness part (A) and the medium hardness part (B) is made to be at least 550 HV and the hardness of the low hardness part is made to be lower than 550 HV.
(FR)
La présente invention concerne une tige formant branche (7) comprenant : une partie de dureté élevée (A) qui est formée sur la surface de la tige formant branche (7) de telle sorte que la teneur en carbone diminue progressivement de la surface vers le noyau de la tige formant branche (7) ; une partie de dureté moyenne (B) qui est formée plus près du noyau que la partie de dureté élevée (A) et a une dureté inférieure à celle de la partie de dureté élevée (A) ; et une partie de dureté faible (D) qui est formée plus près du noyau que la partie de dureté moyenne (B) et a une dureté inférieure à celle de la partie de dureté moyenne. La dureté de la partie de dureté élevée (A) et de la partie de dureté moyenne (B) est amenée à être d'au moins 550 HV et la dureté de la partie de dureté faible est amenée à être inférieure à 550 HV.
(JA)
脚軸(7)に、脚軸(7)の表面に形成され、表面側から芯部側にかけて徐々に炭素量が減少する高硬度部(A)と、高硬度部(A)よりも芯部側に形成され、高硬度部(A)よりも低硬度の中硬度部(B)と、中硬度部(B)よりも芯部側に形成され、中硬度部よりも低硬度の低硬度部(D)とを設ける。高硬度部(A)および中硬度部(B)の硬度を550HV以上にし、低硬度部の硬度を550HV未満にする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報