処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020195437 - プロスタグランジンの製造方法

公開番号 WO/2020/195437
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/007196
国際出願日 21.02.2020
IPC
C07C 405/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
405互いにオルト位にある2個の側鎖と,その側鎖の1個の対するオルト位に環に直接結合する酸素原子をもつ5員環を含有する化合物であって,その1個の側鎖は,異種原子に対する3個の結合を有しそのうち多くても1個の結合はハロゲンに対する結合である炭素原子であって環に直接結合しないものを含有し,他の側鎖は環に対しγ―の位置に結合する酸素原子を有するもの,例.プロスタグランジン
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
C07D 307/935 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
307異項原子として1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
77炭素環または炭素環系とオルト―またはペリ―縮合したもの
936員環以外の環と縮合したもの
935他の環と縮合していないシクロペンタフランまたは水素添加したシクロペンタフラン
出願人
  • 協和ファーマケミカル株式会社 KYOWA PHARMA CHEMICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 浅野 健裕 ASANO Tatsuhiro
  • 前西 亮太 MAENISHI Ryota
  • 竹中 淳平 TAKENAKA Junpei
  • 愛宕 孝之 ATAGO Takayuki
  • 金井 千裕 KANAI Chihiro
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori
優先権情報
2019-06029527.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING PKROSTAGLANDIN
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PROSTAGLANDINE
(JA) プロスタグランジンの製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a method for producing a compound represented by formula (1a), (1b) or (1c), the method including a step in which a compound represented by formula (3) is reduced to obtain a compound represented by formula (4) in the presence of a metal complex represented by formula (5), an inorganic base, and a solvent and under the hydrogen atmosphere. [In the formulae, Ar1 is an aryl group, each Ar2 is independently a phenyl group or the like, W is a biphenyl group or the like, Z is an ethylene group substituted by a phenyl group or the like, L is a chlorine atom or, if Z has a phenyl group or a C1-3 alkoxyphenyl group, one of the carbon atoms constituting the phenyl group or the C1-3 alkoxyphenyl group.]
(FR)
La présente invention concerne un procédé de production d'un composé représenté par la formule (1a), (1b) ou (1c), le procédé comprenant une étape selon laquelle un composé représenté par la formule (3) est réduit pour obtenir un composé représenté par la formule (4) en présence d'un complexe métallique représenté par la formule (5), d'une base inorganique, et d'un solvant, sous une atmosphère d'hydrogène. [Dans les formules, Ar1 est un groupe aryle, chaque Ar2 est indépendamment un groupe phényle ou similaire, W représente un groupe biphényle ou similaire, Z représente un groupe éthylène substitué par un groupe phényle ou similaire, L est un atome de chlore ou, si Z a un groupe phényle ou un groupe alcoxyphényle en C1-3, l'un des atomes de carbone constituant le groupe phényle ou le groupe alcoxyphényle en C1-3.]
(JA)
本発明は、式(1a)、(1b)、又は(1c)で表される化合物の製造方法であって、式(5)で表される金属錯体、無機塩基、及び、溶媒の存在下、水素雰囲気下において、式(3)で表される化合物を還元して式(4)で表される化合物を得る工程を含む、方法。[式中、Arはアリール基であり、各Arはそれぞれ独立に、フェニル基等であり、Wはビフェニル基等であり、Zは、フェニル基等で置換されたエチレン基であり、Lは、塩素原子であるか、又は、Zがフェニル基又はC1-3アルコキシフェニル基を有する場合において、上記フェニル基又は上記C1-3アルコキシフェニル基を構成する炭素原子の1つである。]を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報