処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195405 - 低温安定性に優れる低熱膨張合金およびその製造方法

公開番号 WO/2020/195405
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/006778
国際出願日 20.02.2020
IPC
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
B22F 3/105 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10焼結のみに特徴のあるもの
105電流,レーザーまたはプラズマを利用することによるもの
B22F 3/16 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
12成形と焼結の両者を特徴とするもの
16連続または反復する工程を含むもの
B22F 9/08 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
02物理的プロセスを用いるもの
06液体物質からはじまるもの
08鋳造によるもの,例.ふるいを通してまたは水中への鋳造,アトマイズまたはスプレイによるもの
B33Y 70/00 2020.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
70付加製造に特別に適合した材料
C22C 38/10 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
10コバルトを含有するもの
出願人
  • 日本鋳造株式会社 NIPPON CHUZO K.K. [JP]/[JP]
発明者
  • 半田 卓雄 HANDA Takuo
  • 劉 志民 RYU Shimin
  • 大山 伸幸 OYAMA Nobuyuki
  • 鷲尾 勝 WASHIO Masaru
代理人
  • 高山 宏志 TAKAYAMA Hiroshi
優先権情報
2019-05806326.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LOW THERMAL EXPANSION ALLOY HAVING EXCELLENT LOW TEMPERATURE STABILITY AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) ALLIAGE À FAIBLE DILATATION THERMIQUE AYANT UNE EXCELLENTE STABILITÉ À BASSE TEMPÉRATURE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 低温安定性に優れる低熱膨張合金およびその製造方法
要約
(EN)
Provided is a low thermal expansion alloy that contains, in mass%, not more than 0.015% of C, not more than 0.10% of Si, not more than 0.15% of Mn, 35.0-37.0% of Ni, and less than 2.0% of Co. Ni+0.8Co is 35.0-37.0%, and the remaining portion is Fe and unavoidable impurities. The low thermal expansion alloy has a solidification structure in which the secondary dendrite-arm spacing is 5 μm or less, has an average thermal expansion coefficient in a range of 0±0.2 ppm/°C at 100°C to -70°C, and has an Ms point of -196°C or less.
(FR)
L'invention concerne un alliage à faible dilatation thermique qui contient, en % en masse, pas plus de 0,015 % de C, pas plus de 0,10 % de Si, pas plus de 0,15 % de Mn, 35,0 à 37,0 % de Ni et moins de 2,0 % de Co, la somme Ni +0,8Co ayant une valeur de 35,0 à 37,0 % et la partie restante étant constituée de Fe et d'impuretés inévitables. L'alliage à faible dilatation thermique a une structure de solidification dans laquelle l'espacement entre bras et dendrites secondaires est de 5 µm ou moins ; il a un coefficient de dilatation thermique moyen de l'ordre de 0 ± 0,2 ppm par °C entre 100 °C et -70 °C ; et il a un point Ms de -196 °C ou moins.
(JA)
質量%で、C:0.015%以下、Si:0.10%以下、Mn:0.15%以下、Ni:35.0~37.0%、Co:2.0%未満を含有し、かつNi+0.8Co:35.0~37.0%であり、残部がFeおよび不可避不純物からなり、デンドライト2次アーム間隔が5μm以下である凝固組織を有し、100~-70℃の平均熱膨張係数が0±0.2ppm/℃の範囲で、かつMs点が-196℃以下である低熱膨張合金が提供される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報