処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020195251 - 積層フィルムの製造方法

公開番号 WO/2020/195251
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/005148
国際出願日 10.02.2020
IPC
B32B 37/12 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
37積層の方法または装置,例.硬化結合または超音波結合によるもの
12接着剤の使用に特徴のあるもの
B05D 3/06 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
3液体または他の流動性材料を適用する表面の前処理;適用されたコーティングの後処理,例.液体または他の流動性材料を続いて適用することに先だってなされるすでに適用されたコーティングの中間処理
06放射線にさらすことによるもの
B05D 7/00 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
B05D 7/24 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
B32B 7/023 2019.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7層間の関係を特徴とする積層体;層間の特性の相対的な方向性,または層間の測定可能なパラメータの相対的な値を特徴とする積層体,すなわち層間で異なる物理的,化学的または物理化学的性質を有する積層体;層の相互結合を特徴とする積層体
02物理的,化学的または物理化学的性質
023光学性質
B32B 7/12 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7層間の関係を特徴とする積層体;層間の特性の相対的な方向性,または層間の測定可能なパラメータの相対的な値を特徴とする積層体,すなわち層間で異なる物理的,化学的または物理化学的性質を有する積層体;層の相互結合を特徴とする積層体
04層の相互結合
12層間に接着剤または結合材料を用いるもの
出願人
  • 日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 稲垣 淳一 INAGAKI Junichi
  • 村重 毅 MURASHIGE Takeshi
  • 佐藤 啓介 SATO Keisuke
  • 菅野 敏広 KANNO Toshihiro
代理人
  • 籾井 孝文 MOMII Takafumi
優先権情報
2019-05785126.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LAYERED FILM PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM STRATIFIÉ
(JA) 積層フィルムの製造方法
要約
(EN)
Provided is a layered film production method including layering a glass film on a resin film via an adhesive layer, this layered film production method preventing detachment from occurring between the glass film and the resin film, and producing a layered film with excellent external appearance. This layered film production method comprises a layering step of layering a glass film on a resin film via an adhesive to obtain a layered body precursor and a curing step of irradiating an active energy beam onto the precursor layered body to cure the adhesive, the active energy beam being irradiated non-uniformly within the plane of the precursor layered body, in the curing step.
(FR)
Procédé de production de film stratifié consistant à stratifier un film de verre sur un film de résine par l'intermédiaire d'une couche adhésive, ce procédé de production de film stratifié empêchant un détachement de se produire entre le film de verre et le film de résine, et produire un film stratifié présentant un excellent aspect externe. Ce procédé de production de film stratifié comprend une étape de stratification consistant à stratifier un film de verre sur un film de résine par l'intermédiaire d'un adhésif pour obtenir un précurseur de corps stratifié et une étape de durcissement consistant à émettre un faisceau d'énergie active sur le corps stratifié précurseur pour durcir l'adhésif, le faisceau d'énergie active étant émis de manière non uniforme dans le plan du corps stratifié précurseur, lors de l'étape de durcissement.
(JA)
ガラスフィルムと樹脂フィルムとを接着剤層を介して積層することを含む積層フィルムの製造方法であって、ガラスフィルムと樹脂フィルムとの剥離を防止して、外観に優れる積層フィルムが得られ得る積層フィルムの製造方法を提供する。 本発明の積層フィルムの製造方法は、ガラスフィルムと樹脂フィルムとを、接着剤を介して積層させて前駆積層体を得る積層工程と、該前駆積層体に活性エネルギー線を照射して、接着剤を硬化させる硬化工程とを含み、該硬化工程において、該前駆積層体の面内で不均一に活性エネルギー線を照射することを含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報