処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020195237 - 触媒層形成資材及び触媒装置構成資材及び触媒装置並びにこれらの製造方法

公開番号 WO/2020/195237
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/004923
国際出願日 07.02.2020
予備審査請求日 03.09.2020
IPC
B01J 37/02 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
37触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
02含浸,被覆または沈澱
B01D 53/94 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34廃ガスの化学的または生物学的浄化
92エンジン排気ガスに適用されるもの
94触媒による方法によるもの
B01J 35/04 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
35形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02固体
04小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B01J 37/04 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
37触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
04混合
B01J 37/08 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
37触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
08熱処理
F01N 3/28 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08無害にするためのもの
10排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28触媒反応装置の構造
出願人
  • サクラ工業株式会社 SAKURA KOGYO CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 霍 鵬 PENG HOU
  • 西原 和宏 NISHIHARA Kazuhiro
  • 内山 昌一 UCHIYAMA Shoichi
  • 鈴木 洋未 SUZUKI Hiromi
  • 山下 美穂 YAMASHITA Miho
代理人
  • 東山 喬彦 HIGASHIYAMA Takahiko
  • 東山 裕樹 HIGASHIYAMA Hiroki
優先権情報
2019-05824426.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CATALYST LAYER FORMING MATERIAL, CATALYST DEVICE CONSTITUENT MATERIAL, CATALYST DEVICE, AND PRODUCTION METHODS THEREOF
(FR) MATÉRIAU DE FORMATION DE COUCHE DE CATALYSEUR, MATÉRIAU CONSTITUTIF DE DISPOSITIF DE CATALYSEUR, DISPOSITIF DE CATALYSEUR ET LEURS PROCÉDÉS DE PRODUCTION
(JA) 触媒層形成資材及び触媒装置構成資材及び触媒装置並びにこれらの製造方法
要約
(EN)
[Problem] The present invention addresses the technical problem of developing: a novel catalyst constituent material for combustion gas purification, which has an extremely good ratio of contact between each catalyst metal particle and an exhaust gas; a catalyst device which uses this catalyst constituent material for combustion gas purification; and a method for producing this catalyst constituent material for combustion gas purification. [Solution] The present invention is characterized by being obtained by mixing catalyst metal particles 3 and a pore-forming material 5 that disappears at high temperatures into a catalyst supporting material 2 which is a slurry containing fine ceramic particles; and the present invention is also characterized in that the pore-forming material 5 contains long fibers 5L of cellulose nanofibers and/or short fibers 5S of cellulose nanofibers.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de développer : un nouveau matériau constitutif de catalyseur pour la purification de gaz de combustion, qui a un rapport de contact extrêmement satisfaisant entre chaque particule métallique de catalyseur et un gaz d'échappement; un dispositif catalyseur qui utilise ce matériau constitutif de catalyseur pour la purification de gaz de combustion; et un procédé de production de ce matériau constitutif de catalyseur pour la purification de gaz de combustion. A cet effet, la présente invention est caractérisée en ce qu'elle est obtenue en mélangeant des particules métalliques de catalyseur 3 et un matériau de formation de pores 5 qui disparaît à des températures élevées dans un matériau de support de catalyseur 2 qui est une suspension contenant de fines particules de céramique; et la présente invention est également caractérisée en ce que le matériau de formation de pores 5 contient des fibres longues 5L de nanofibres de cellulose et/ou des fibres courtes 5S de nanofibres de cellulose.
(JA)
[課題] 個々の触媒金属粒子と排気ガスとの接触率が極めて良好である、新規な燃焼ガスの浄化用触媒構成資材並びにこれを用いた触媒装置並びにその製造方法の開発を技術課題とした。 [解決手段] セラミックスの微粒子が含まれるスラリーである触媒担持素材2に対し、触媒金属粒子3と、高温消失するポーラス形成材5とが混入されて成り、このポーラス形成材5は、セルロースナノファイバーの長繊維5L及び/又はセルロースナノファイバーの短繊維5Sを含んでいることを特徴として成る。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報