処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020194909 - X線残留応力測定用基準片の製造方法及びX線残留応力測定用基準片

公開番号 WO/2020/194909
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048869
国際出願日 13.12.2019
IPC
G01N 23/205 2018.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
23グループG01N3/00~G01N17/00,G01N21/00またはG01N22/00に包含されない波動性または粒子性放射線,例.X線,中性子線,の使用による材料の調査または分析
20材料による放射線の回折の利用によるもの,例.結晶構造の調査のためのもの;材料による放射線の散乱の利用によるもの,例.非結晶構造の調査のためのもの;材料による放射線の反射の利用によるもの
205回折カメラを用いるもの
G01N 1/00 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
1サンプリング;調査用標本の調製
出願人
  • 新東工業株式会社 SINTOKOGIO, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 小林 祐次 KOBAYASHI Yuji
  • 松井 彰則 MATSUI Akinori
  • 水野 悠太 MIZUNO Yuta
代理人
  • 園田・小林特許業務法人 SONODA & KOBAYASHI INTELLECTUAL PROPERTY LAW
優先権情報
2019-05603925.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR MANUFACTURING REFERENCE PIECE FOR X-RAY MEASUREMENT OF RESIDUAL STRESS AND REFERENCE PIECE FOR X-RAY MEASUREMENT OF RESIDUAL STRESS
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UNE PIÈCE DE RÉFÉRENCE POUR UNE MESURE PAR RAYONS X DE CONTRAINTE RÉSIDUELLE ET PIÈCE DE RÉFÉRENCE POUR UNE MESURE PAR RAYONS X DE CONTRAINTE RÉSIDUELLE
(JA) X線残留応力測定用基準片の製造方法及びX線残留応力測定用基準片
要約
(EN)
[Problem] To provide a metal material other than strain-free iron powder as a reference piece for X-ray measurement of residual stress. [Solution] The problem is solved by removing inherent strain through the nanocrystallization of at least a portion of the surface of a metallic material and the annealing of the same, and thereby eliminating stress.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un matériau métallique autre qu'une poudre de fer sans contrainte en tant que pièce de référence pour une mesure par rayons X de contrainte résiduelle. La solution selon l'invention porte sur l'élimination d'une contrainte inhérente par la nanocristallisation d'au moins une partie de la surface d'un matériau métallique et le recuit de celle-ci, et par conséquent l'élimination d'une contrainte.
(JA)
【課題】無歪鉄粉以外の金属材料をX線残留応力測定用基準片として提供する。 【解決手段】金属材料の表面の少なくとも一部にナノ結晶化を行った後、焼鈍をすることによって内在するひずみを除去することで無応力化を行うことにより、上記の課題を解決する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報