処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020194906 - スクロール部材およびスクロール鍛造品の製造方法

公開番号 WO/2020/194906
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048674
国際出願日 12.12.2019
IPC
C22C 21/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
21アルミニウム基合金
C22F 1/04 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04アルミニウムまたはアルミニウム基合金
F04C 18/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
18圧縮性流体に特に適した回転ピストンポンプ
02円弧状の係合をなす形式,すなわち,共動部材が並進的な循環運動を行なうもので,そして各部材が同数の歯または歯に相当する部分をもつもの
C22F 1/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人
  • 昭和電工株式会社 SHOWA DENKO K.K. [JP]/[JP]
発明者
  • 北村 恵造 KITAMURA Keizo
代理人
  • 清水 義仁 SHIMIZU Yoshihito
  • 清水 久義 SHIMIZU Hisayoshi
  • 高田 健市 TAKATA Kenichi
優先権情報
2019-06032727.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SCROLL MEMBER AND METHOD FOR PRODUCING SCROLL FORGED ARTICLE
(FR) ÉLÉMENT DE VOLUTE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ARTICLE FORGÉ EN VOLUTE
(JA) スクロール部材およびスクロール鍛造品の製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a scroll member which has excellent mechanical strength at the root part of a blade, where the largest load is applied, and which is provided with an alumite film that has a sufficient hardness. The present invention has a configuration wherein an alumite film 3 that has a Vickers hardness of 400 or more is formed on the surface of a scroll forged article 2, which is formed of an aluminum alloy that contains from 8.0% by mass to 12.0% by mass of Si, from 0.1% by mass to 0.5% by mass of Fe, from 0.6% by mass to 1.1% by mass of Cu and from 0.2% by mass to 0.8% by mass of Mg, with the balance being made up of Al and unavoidable impurities; and the tensile strength in the plane direction of a bottom plate 21 of the scroll forged article is 350 MPa or more but less than 400 MPa.
(FR)
La présente invention concerne un élément de volute qui a une excellente résistance mécanique au niveau de la partie racine d'une lame, où la plus grande charge est appliquée, et qui est pourvu d'un film d'alumite qui a une dureté suffisante. La présente invention a une configuration dans laquelle un film d'alumite 3 qui présente une dureté Vickers de 400 ou plus est formé sur la surface d'un article forgé en volute 2, qui est formée d'un alliage d'aluminium qui contient de 8,0 % en masse à 12,0 % en masse de Si, de 0,1 % en masse à 0,5 % en masse de Fe, de 0,6 % en masse à 1,1 % en masse de Cu et de 0,2 % en masse à 0,8 % en masse de Mg, le reste étant constitué d'Al et d'impuretés inévitables ; et la résistance à la traction dans la direction du plan d'une plaque inférieure 21 de l'article forgé en volute est de 350 MPa ou plus mais inférieure à 400 MPa.
(JA)
最も負荷のかかる羽根の付け根部分の機械的強度に優れると共に、十分な硬さのアルマイト皮膜が形成されるスクロール部材を提供する。 Si:8.0質量%~12.0質量%、Fe:0.1質量%~0.5質量%、Cu:0.6質量%~1.1質量%、Mg:0.2質量%~0.8質量%を含有し、残部がAl及び不可避不純物からなるアルミニウム合金製のスクロール鍛造品2の表面に、ビッカース硬さが400以上のアルマイト皮膜3が形成され、前記スクロール鍛造品の底板21の面方向の引張強さが350MPa以上400MPa未満である構成とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報