処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020194554 - マスタノードおよび往復伝送遅延時間取得方法

公開番号 WO/2020/194554
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/013020
国際出願日 26.03.2019
IPC
H04L 12/28 2006.01
H電気
04電気通信技術
Lデジタル情報の伝送,例.電信通信
12データ交換ネットワーク
28パスの構成に特徴のあるもの,例.ローカルエリアネットワーク(LAN)または広域ネットワーク(WAN)
H04B 10/27 2013.01
H電気
04電気通信技術
B伝送
10無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
27ネットワークの配置
H04J 14/08 2006.01
H電気
04電気通信技術
J多重通信
14光学的多重化方式
08時分割多重化方式
H04L 12/42 2006.01
H電気
04電気通信技術
Lデジタル情報の伝送,例.電信通信
12データ交換ネットワーク
28パスの構成に特徴のあるもの,例.ローカルエリアネットワーク(LAN)または広域ネットワーク(WAN)
42ループネットワーク
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 水口 潤 MIZUGUCHI, Jun
  • 名倉 健一 NAKURA, Kenichi
代理人
  • 高村 順 TAKAMURA, Jun
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MASTER NODE AND ROUND-TRIP TRANSMISSION DELAY TIME ACQUISITION METHOD
(FR) NŒUD MAÎTRE ET PROCÉDÉ D'ACQUISITION DE TEMPS DE RETARD DE TRANSMISSION ALLER-RETOUR
(JA) マスタノードおよび往復伝送遅延時間取得方法
要約
(EN)
A master node (10) connected by a plurality of paths to each of a plurality of slave nodes is characterized by comprising: a counter (115); and a round-trip transmission delay time calculation unit (114) that uses a value of the counter (115) to measure a round-trip transmission delay time for a first path, among the plurality of paths, between the master node and a target slave node, and that calculates a round-trip transmission delay time for a second path which is different from the first path by using the round-trip transmission delay time for the first path and a known round-trip transmission delay time of a slave node other than the target slave node.
(FR)
L'invention concerne un nœud maître (10) étant connecté par une pluralité de trajets à chacun d'une pluralité de nœuds esclaves est caractérisé en ce qu'il comprend : un compteur (115) ; et une unité de calcul de temps de retard de transmission aller-retour (114) qui utilise une valeur du compteur (115) pour mesurer un temps de retard de transmission aller-retour pour un premier trajet, parmi la pluralité de trajets, entre le nœud maître et un nœud esclave cible, et qui calcule un temps de retard de transmission aller-retour pour un second trajet qui est différent du premier trajet à l'aide du temps de retard de transmission aller-retour pour le premier trajet et d'un temps de retard de transmission aller-retour connu d'un nœud esclave autre que le nœud esclave cible.
(JA)
複数のスレーブノードのそれぞれと複数の経路で接続されるマスタノード(10)は、カウンタ(115)と、対象のスレーブノードとの間の複数の経路のうち第1の経路における往復伝送遅延時間を、カウンタ(115)の値を使用して測定し、第1の経路と異なる第2の経路における往復伝送遅延時間を、第1の経路における往復伝送遅延時間と、対象のスレーブノード以外のスレーブノードの既知の往復伝送遅延時間とを使用して算出する往復伝送遅延時間算出部(114)と、を備えることを特徴とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報