処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020194531 - 血中尿毒症物質の低減剤

公開番号 WO/2020/194531
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/012952
国際出願日 26.03.2019
IPC
A61K 31/554 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
557員環を持つもの,例.アゼラスチン,ペンチレンテトラゾール
554環異種原子として少なくとも1個の室素及び1個の硫黄を持つもの,例.クロチアビン,ジルチアゼム
A61P 13/12 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
13泌尿器系疾患の治療薬
12腎臓疾患のためのもの
A61P 39/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
39一般的保護剤または解毒剤
02解毒剤
出願人
  • 国立大学法人東北大学 TOHOKU UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 阿部 高明 ABE, Takaaki
代理人
  • 廣田 雅紀 HIROTA, Masanori
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AGENT FOR REDUCING BLOOD UREMIC SUBSTANCE
(FR) AGENT DE RÉDUCTION DE SUBSTANCE URÉMIQUE SANGUINE
(JA) 血中尿毒症物質の低減剤
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a substance that has: an effect of effectively reducing (decreasing) the amount of a uremic substance present in the blood; an effect of effectively preventing or ameliorating uremia; and an effect of effectively preventing or ameliorating renal dysfunction. By administering a compound represented by formula (I), etc. by, for example, oral administration, the amount of a uremic substance present in the blood is decreased and uremia and renal dysfunction are ameliorated.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'une substance qui a : un effet de réduction efficace (diminution) de la quantité d'une substance urémique présente dans le sang; un effet de prévention ou d'amélioration efficace de l'urémie; et un effet de prévention ou d'amélioration efficace d'un dysfonctionnement rénal. Par l'administration d'un composé représenté par la formule (I), etc., par exemple, par voie orale, la quantité d'une substance urémique présente dans le sang est diminuée et l'urémie et le dysfonctionnement rénal sont améliorés.
(JA)
本発明の課題は、血中に存在する尿毒症物質量を効果的に低減(減少)させる作用;尿毒症を効果的に予防又は改善する作用;及び腎機能障害を効果的に予防又は改善する作用;を有する物質を提供することにある。 以下の式(I)で示される化合物等を、経口投与などの方法により投与すると、血中に存在する尿毒症物質量が減少し、尿毒症や腎機能障害が改善する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報