処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020189674 - アルミニウム合金箔、積層体、アルミニウム合金箔の製造方法、および積層体の製造方法

公開番号 WO/2020/189674
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011687
国際出願日 17.03.2020
IPC
C22C 21/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
21アルミニウム基合金
C22F 1/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C22F 1/04 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04アルミニウムまたはアルミニウム基合金
B32B 15/04 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
出願人
  • 東洋アルミニウム株式会社 TOYO ALUMINIUM KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 新宮 享 SHINGU, Akira
  • 大八木 光成 OOYAGI, Mitsunari
代理人
  • 特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.
優先権情報
2019-04945618.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ALUMINUM ALLOY FOIL, LAMINATE, METHOD FOR MANUFACTURING ALUMINUM ALLOY FOIL, AND METHOD FOR MANUFACTURING LAMINATE
(FR) FEUILLE D'ALLIAGE D'ALUMINIUM, STRATIFIÉ, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE FEUILLE D'ALLIAGE D'ALUMINIUM, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE STRATIFIÉ
(JA) アルミニウム合金箔、積層体、アルミニウム合金箔の製造方法、および積層体の製造方法
要約
(EN)
An aluminum alloy foil (1) is one having a first surface (1A). The aluminum alloy foil (1) contains aluminum, silicon, 0.4 to 1.75% by mass inclusive of manganese, 0.02 to 0.08% by mass inclusive of iron, 0.00001 to 0.03% by mass inclusive of zinc, 0.00001 to 0.02% by mass inclusive of copper and 0.00001 to 0.01% by mass inclusive of magnesium. In the aluminum alloy foil (1), the total content of silicon and iron is 0.1% by mass or less. In the aluminum alloy foil (1), the ratio of the mass of manganese to the total mass of silicon and iron is 7.0 or more. On the first surface (1A), the area ratio of second phase particles each having an equivalent circle diameter of 1.5 μm or more is 0.1% or less. The electrical resistivity value is 3.0 to 5.0 μΩcm inclusive.
(FR)
Une feuille d'alliage d'aluminium (1) est une feuille ayant une première surface (1A). La feuille d'alliage d'aluminium (1) contient de l'aluminium, du silicium, de 0,4 à 1,75 % en masse inclus de manganèse, de 0,02 à 0,08 % en masse inclus de fer, de 0,00001 à 0,03 % en masse inclus de zinc, de 0,00001 à 0,02 % en masse inclus de cuivre et de 0,00001 à 0,01 % en masse inclus de magnésium. Dans la feuille d'alliage d'aluminium (1), la teneur totale en silicium et en fer est de 0,1 % en masse ou moins. Dans la feuille d'alliage d'aluminium (1), le rapport de la masse de manganèse sur la masse totale de silicium et de fer est de 7,0 ou plus. Sur la première surface (1A), le rapport de surface de secondes particules de phase ayant chacun un diamètre de cercle équivalent de 1,5 µm ou plus est de 0,1 % ou moins. La valeur de résistivité électrique est de 3,0 à 5,0 μΩ cm inclus.
(JA)
アルミニウム合金箔(1)は、第1面(1A)を有するアルミニウム合金箔である。アルミニウム合金箔(1)は、アルミニウムと、珪素と、0.4質量%以上1.75質量%以下のマンガンと、0.02質量%以上0.08質量%以下の鉄と、0.00001質量%以上0.03質量%以下の亜鉛と、0.00001質量%以上0.02質量%以下の銅と、0.00001質量%以上0.01質量%以下のマグネシウムとを含む。アルミニウム合金箔(1)において、珪素および鉄の含有量の合計が0.1質量%以下である。アルミニウム合金箔(1)において、珪素および鉄の合計質量に対するマンガンの質量の比率が7.0以上である。第1面(1A)上において、円相当径が1.5μm以上である第二相粒子の面積率が0.1%以下である。電気比抵抗値が3.0μΩcm以上5.0μΩcm以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報