処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020189575 - アンモニア分解設備、これを備えるガスタービンプラント、アンモニア分解方法

公開番号 WO/2020/189575
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011223
国際出願日 13.03.2020
IPC
F02C 7/22 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7グループF02C1/00~F02C6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
22燃料供給系統
C01B 3/04 2006.01
C化学;冶金
01無機化学
B非金属元素;その化合物
3水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02水素または水素含有混合ガスの製造
04無機化合物,例.アンモニア,の分解によるもの
F02C 3/22 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
3作動流体として燃焼生成物を使用することによって特徴づけられたガスタービン設備
20燃焼生成物を生成するために特別の燃料,酸化剤,又は希釈流体を使用するもの
22燃料又は酸化剤が標準温度標準圧力で気体であるもの
出願人
  • 三菱パワー株式会社 MITSUBISHI POWER, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 荒木 秀文 ARAKI Hidefumi
  • 谷村 聡 TANIMURA Satoshi
  • 野勢 正和 NOSE Masakazu
  • 笹原 淳 SASAHARA Jun
  • 上地 英之 UECHI Hideyuki
  • 田中 幸男 TANAKA Yukio
  • 湯浅 厚志 YUASA Atsushi
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi
  • 伊藤 英輔 ITO Eisuke
  • 橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki
  • 古都 智 FURUICHI Satoshi
  • 鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro
優先権情報
2019-04889815.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) EQUIPMENT FOR DECOMPOSING AMMONIA, GAS TURBINE PLANT PROVIDED WITH SAME, AND METHOD FOR DECOMPOSING AMMONIA
(FR) ÉQUIPEMENT DE DÉCOMPOSITION D'AMMONIAC, INSTALLATION DE TURBINE À GAZ POURVUE DUDIT ÉQUIPEMENT ET PROCÉDÉ DE DÉCOMPOSITION D'AMMONIAC
(JA) アンモニア分解設備、これを備えるガスタービンプラント、アンモニア分解方法
要約
(EN)
This equipment (X) for decomposing ammonia is provided with: an air bleeding line (85); an ammonia supply line (81) in which ammonia flows; an ammonia decomposing device (50); and a processed gas supply line (82). In the air bleeding line, parts of compressed air generated in an air compressor (11a) of a gas turbine (11) flow as bled air (BA). The ammonia decomposing device uses the bled air from the air bleeding line as an oxidant, burns parts of ammonia from the ammonia supply line, autothermally decomposes ammonia, and produces a processed gas (PG) containing hydrogen and nitrogen. The processed gas supply line guides the processed gas as a fuel to a combustor (11b) of the gas turbine.
(FR)
La présente invention concerne un équipement (X) qui permet de décomposer de l'ammoniac et qui comprend : une conduite (85) de purge d'air; une conduite (81) d'alimentation en ammoniac dans laquelle coule de l'ammoniac; un dispositif (50) de décomposition d'ammoniac; une conduite (82) d'alimentation en gaz traité. Des parties de l'air comprimé, générées dans un compresseur d'air (11a) d'une turbine à gaz (11), coulent en tant qu'air de soutirage (BA) dans la conduite de purge d'air. Le dispositif de décomposition d'ammoniac utilise l'air de soutirage provenant de la conduite de purge d'air en tant qu'oxydant, brûle des parties d'ammoniac provenant de la conduite d'alimentation en ammoniac, décompose l'ammoniac sans apport de chaleur extérieur, et produit un gaz traité (PG) contenant de l'hydrogène et de l'azote. La conduite d'alimentation en gaz traité guide le gaz traité, en tant que combustible, vers une chambre de combustion (11b) de la turbine à gaz.
(JA)
アンモニア分解設備(X)は、抽気空気ライン(85)と、アンモニアが流れるアンモニア供給ライン(81)と、アンモニア分解装置(50)と、処理済みガス供給ライン(82)と、を備える。抽気空気ラインには、ガスタービン(11)の空気圧縮機(11a)で生成された圧縮空気の一部が抽気空気(BA)として流れる。アンモニア分解装置は、抽気空気ラインからの抽気空気を酸化剤として、アンモニア供給ラインからのアンモニアの一部を燃焼させて、アンモニアを自己熱分解させて、水素と窒素とを含む処理済みガス(PG)を生成する。処理済みガス供給ラインは、処理済みガスを燃料としてガスタービンの燃焼器(11b)に導く。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報