処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020189540 - 芳香族アミノ酸誘導体の製造方法

公開番号 WO/2020/189540
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/011012
国際出願日 13.03.2020
IPC
C07C 269/06 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
269カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06カルバマート基の形成の関与しない反応によるもの
B01J 31/22 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
31水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
16配位錯体を含有するもの
22有機錯体
C07C 271/22 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
271カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06カルバミン酸エステル
08カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
10カルバマート基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
22カルボキシル基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C07D 213/55 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
213異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
24環の炭素原子に結合する置換炭化水素基を有するもの
54異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,によって置換された基
55酸;エステル
C07D 239/26 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
2391,3―ジアジン環または水素添加した1,3―ジアジン環からなる複素環式化合物
02他の環と縮合していないもの
24環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有するもの
26環の炭素原子に直接結合する水素原子,炭化水素基または置換炭化水素基のみを有するもの
C07B 53/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
53不整合成
CPC
B01J 31/22
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
31Catalysts comprising hydrides, coordination complexes or organic compounds
16containing coordination complexes
22Organic complexes
C07B 53/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
BGENERAL METHODS OF ORGANIC CHEMISTRY; APPARATUS THEREFOR
53Asymmetric syntheses
C07B 61/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
BGENERAL METHODS OF ORGANIC CHEMISTRY; APPARATUS THEREFOR
61Other general methods
C07C 269/06
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
269Preparation of derivatives of carbamic acid, i.e. compounds containing any of the groups , the nitrogen atom not being part of nitro or nitroso groups
06by reactions not involving the formation of carbamate groups
C07C 271/22
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
271Derivatives of carbamic acids, i.e. compounds containing any of the groups , the nitrogen atom not being part of nitro or nitroso groups
06Esters of carbamic acids
08having oxygen atoms of carbamate groups bound to acyclic carbon atoms
10with the nitrogen atoms of the carbamate groups bound to hydrogen atoms or to acyclic carbon atoms
22to carbon atoms of hydrocarbon radicals substituted by carboxyl groups
C07D 213/55
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
213Heterocyclic compounds containing six-membered rings, not condensed with other rings, with one nitrogen atom as the only ring hetero atom and three or more double bonds between ring members or between ring members and non-ring members
02having three double bonds between ring members or between ring members and non-ring members
04having no bond between the ring nitrogen atom and a non-ring member or having only hydrogen or carbon atoms directly attached to the ring nitrogen atom
24with substituted hydrocarbon radicals attached to ring carbon atoms
54Radicals substituted by carbon atoms having three bonds to heteroatoms, with at the most one to halogen, e.g. ester or nitrile radicals
55Acids; Esters
出願人
  • 中外製薬株式会社 CHUGAI SEIYAKU KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 和田本 学 WADAMOTO, Manabu
代理人
  • 春名 雅夫 HARUNA, Masao
  • 清水 初志 SHIMIZU, Hatsushi
  • 山口 裕孝 YAMAGUCHI, Hirotaka
  • 刑部 俊 OSAKABE, Suguru
  • 井上 隆一 INOUE, Ryuichi
  • 佐藤 利光 SATO, Toshimitsu
  • 新見 浩一 SHIMMI, Hirokazu
  • 小林 智彦 KOBAYASHI, Tomohiko
  • 小寺 秀紀 KODERA, Hideki
  • 大関 雅人 OHZEKI, Masato
  • 五十嵐 義弘 IGARASHI, Yoshihiro
  • 川本 和弥 KAWAMOTO, Kazuya
優先権情報
2019-04839415.03.2019JP
2019-09865727.05.2019JP
2019-17850330.09.2019JP
2019-22129706.12.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PREPARING AROMATIC AMINO ACID DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉPARATION D'UN DÉRIVÉ D'ACIDE AMINÉ AROMATIQUE
(JA) 芳香族アミノ酸誘導体の製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a method for efficiently preparing various optically active aromatic amino acid derivatives by performing a reaction, in the presence of a catalyst, on a specific ester compound by using an aromatic halide and zinc as additives. In addition, the present invention provides an amino acid derivative that can be prepared by the method.
(FR)
La présente invention concerne un procédé de préparation efficace de divers dérivés d'acides aminés aromatiques optiquement actifs par la mise en œuvre d'une réaction, en présence d'un catalyseur, sur un composé ester spécifique au moyen d'un halogénure aromatique et de zinc en tant qu'additifs. De plus, la présente invention concerne un dérivé d'acide aminé qui peut être préparé selon ledit procédé.
(JA)
本発明は、特定のエステル化合物に対して、触媒の存在下、芳香族ハロゲン化物と亜鉛とを添加剤を用いて反応させて、種々の光学活性芳香族アミノ酸誘導体を効率的に製造する方法を提供する。また本発明は前記方法によって製造され得るアミノ酸誘導体を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報