処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020189519 - 有機エレクトロルミネッセンス素子および化合物

公開番号 WO/2020/189519
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010890
国際出願日 12.03.2020
IPC
C07D 417/14 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
4172個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,C07D415/00に属さない複素環式化合物
143個以上の複素環を含有するもの
C09K 11/66 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
66ゲルマニウム,すずまたは鉛を含むもの
C07D 285/14 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
285異項原子として窒素原子と硫黄原子のみをもつ環を含有し,グループC07D275/00~C07D283/00までに属さない複素環式化合物
015員環
02チアジアゾール;水素添加したチアジアゾール
14炭素環または炭素環系と縮合したもの
H01L 51/50 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
50光放出に特に適用されるもの,例.有機発光ダイオード(OLED)または高分子発光ダイオード(PLED)
H05B 33/14 2006.01
H電気
05他に分類されない電気技術
B電気加熱;他に分類されない電気照明
33エレクトロルミネッセンス光源
12実質的に2次元放射面をもつ光源
14エレクトロルミネッセンス材料の配置あるいは化学的または物理的組成によって特徴づけられたもの
出願人
  • 国立大学法人九州大学 KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION [JP]/[JP]
  • ソルボンヌ・ユニヴェルシテ SORBONNE UNIVERSITE [FR]/[FR]
  • サントル ナシオナル ドゥ ラ ルシェルシュ シアンティフィーク CENTRE NATIONAL DE LA RECHERCHE SCIENTIFIQUE [FR]/[FR]
発明者
  • 松島 敏則 MATSUSHIMA Toshinori
  • ライデン マシュー ライアン LEYDEN Matthew Ryan
  • シン センコウ QIN Chuanjiang
  • サンダナヤカ サンガランゲ ドン アトゥラ SANDANAYAKA Sangarange Don Atula
  • 安達 千波矢 ADACHI Chihaya
  • マトベ ファブリス MATHEVET Fabrice
  • クレア デビッド KREHER David
  • テン テン TENG Teng
代理人
  • 特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.
優先権情報
2019-04899415.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ORGANIC ELECTROLUMINESCENT ELEMENT AND COMPOUND
(FR) ÉLÉMENT ÉLECTROLUMINESCENT ORGANIQUE ET COMPOSÉ
(JA) 有機エレクトロルミネッセンス素子および化合物
要約
(EN)
An organic electroluminescent element according to the present invention which has a pair of electrodes and a perovskite film formed between the pair of electrodes, wherein the perovskite film has a structure in which an inorganic layer and an organic layer that contains organic molecules are disposed in an alternating manner, and the inorganic layer and the organic layer satisfy Eg(O) > Eg(I) > ES1(O). Eg(O) represents the energy gap between HOMO and LUMO in the organic layer, Eg(I) represents the band gap between the valence band and the conduction band in the inorganic layer, and ES1(O) represents the minimum excited singlet energy level of the organic layer.
(FR)
La présente invention concerne un élément électroluminescent organique qui comprend une paire d'électrodes et une couche pérovskite formée entre la paire d'électrodes, la couche pérovskite ayant une structure dans laquelle une couche inorganique et une couche organique contenant des molécules organiques sont disposées de manière alternée, la couche inorganique et la couche organique satisfont Eg(O) > Eg(I) > ES1(O). Eg(O) représente la largeur de la bande interdite entre le niveau HOMO et le niveau LUMO dans la couche organique, Eg(I) représente la largeur de la bande interdite entre la bande de valence et la bande de conduction dans la couche inorganique, et ES1(O) représente le niveau d'énergie singulet excité minimal de la couche organique.
(JA)
一対の電極と、一対の電極間に形成されたペロブスカイト膜とを有する有機エレクトロルミネッセンス素子であって、ペロブスカイト膜は、無機層と、有機分子を含む有機層とが交互に配置した構造を有し、無機層と有機層がEg(O)>Eg(I)>ES1(O)を満たす。Eg(O)は、有機層のHOMOとLUMOの間のエネルギーギャップを表し、Eg(I)は、無機層の価電子帯と伝導帯の間のバンドギャップを表し、ES1(O)は、有機層の最低励起一重項エネルギー準位を表す。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報