処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020188835 - 天井扇風機

公開番号 WO/2020/188835
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/020900
国際出願日 27.05.2019
IPC
F04D 25/08 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
25特に圧縮性流体のためのポンプ装置または系
02ポンプおよびその駆動手段を構成するユニット(駆動手段の関連性に特色が大きいときは,その該当するクラスを参照)
08作動流体が空気であるもの,例.換気装置のためのもの
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 福嶋 哲也 FUKUSHIMA, Tetsuya
代理人
  • 高村 順 TAKAMURA, Jun
優先権情報
2019-05264220.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CEILING FAN
(FR) VENTILATEUR DE PLAFOND
(JA) 天井扇風機
要約
(EN)
This ceiling fan is provided with a suspending portion for suspending a body of the ceiling fan from a hook (8) installed on the ceiling, with a motor portion and a plurality of vanes provided under the suspending portion. The suspending portion has two hangers (12) with a rotatable pulley (10) for hooking onto the hook (8) disposed therebetween. The pulley (10) has a groove portion formed in V shape for catching the hook (8). The V-shaped groove portion (11) contacts the hook (8) along the two sides of the valley of the V, thus reducing vibrations of the ceiling fan.
(FR)
L'invention porte sur un ventilateur de plafond pourvu d'une partie de suspension permettant de suspendre un corps du ventilateur de plafond par un crochet (8) installé sur le plafond, une partie moteur et une pluralité de pales étant disposée sous la partie de suspension. La partie de suspension comprend deux éléments de suspension (12) dotés d'une poulie rotative (10) pour s'accrocher au crochet (8) disposé entre ceux-ci. La poulie (10) comporte une partie rainure en forme de V pour attraper le crochet (8). La partie rainure en forme de V (11) entre en contact avec le crochet (8) le long des deux côtés de la vallée du V, réduisant ainsi les vibrations du ventilateur de plafond.
(JA)
天井扇風機は、天井に備えられたフック(8)に、本体を吊下げるための吊下部を備え、吊下部の下部にモータ部と複数の羽根とが設けられている。吊下部は2枚のハンガー(12)とハンガー(12)の間にフック(8)に引っ掛けるためのプーリ(10)を回転自在に備え、フック(8)が引っ掛かる溝部をV形状にプーリ(10)に形成した。天井扇風機は、このV形状の溝部(11)の谷部の辺2点がフック(8)と接することで、天井扇風機の振動を少なくした。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報