処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020188833 - ビアリールアミド誘導体の製造方法

公開番号 WO/2020/188833
公開日 24.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/014513
国際出願日 01.04.2019
IPC
C07D 213/73 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
213異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
72窒素原子
73置換されていないアミノまたはイミノ基
C07D 401/14 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
401異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
143個以上の複素環を含有するもの
出願人
  • 持田製薬株式会社 MOCHIDA PHARMACEUTICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 工藤 高志 KUDO TAKASHI
  • ヨン ソン Yong Sun
  • ジ ジャン Ji Jiang
  • ファー ドン Hua Dong
代理人
  • 特許業務法人はなぶさ特許商標事務所 HANABUSA PATENT & TRADEMARK OFFICE
優先権情報
201910204745.218.03.2019CN
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MANUFACTURING METHOD FOR BIARYL AMIDE DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN DÉRIVÉ D'AMIDE BIARYLE
(JA) ビアリールアミド誘導体の製造方法
要約
(EN)
[Problem] To provide a manufacturing method for a biaryl amide derivative. [Solution] A manufacturing method for the compound expressed in formula (IM-5) and the compound expressed in formula (I). A manufacturing method for the compound expressed in formula (IM-5) and the compound expressed in formula (I), wherein the compound expressed in formula (SM-0), the compound expressed in formula (IM-1), the compound expressed in formula (IM-3), or the compound expressed in formula (IM-3-F) is used as a starting material.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un procédé de fabrication d'un dérivé d'amide biaryle. La solution selon l'invention porte sur un procédé de fabrication du composé exprimé dans la formule (IM-5) et sur le composé exprimé dans la formule (I). L'invention concerne également un procédé de fabrication du composé exprimé dans la formule (IM-5) et le composé exprimé dans la formule (I), le composé exprimé dans la formule (SM-0), le composé exprimé dans la formule (IM-1), le composé exprimé dans la formule (IM-3), ou le composé exprimé dans la formule (IM-3-F) étant utilisés en tant que matériau de départ.
(JA)
【課題】 ビアリールアミド誘導体の製造方法の提供。 【解決手段】 式(IM-5) で表される化合物及び式(I) で表される化合物の製造方法。 出発物質として、式(SM-0) で表される化合物、 式(IM-1) で表される化合物、 式(IM-3) で表される化合物、又は式(IM-3-F) で表される化合物を用いた、 式(IM-5) で表される化合物、及び式(I)で表される化合物の製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報