処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020184483 - 摩擦攪拌接合用ツール及び摩擦攪拌接合方法

公開番号 WO/2020/184483
公開日 17.09.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/009861
国際出願日 06.03.2020
IPC
B23K 20/12 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
12熱が摩擦により発生されるもの;摩擦接合
出願人
  • 日本特殊陶業株式会社 NGK SPARK PLUG CO., LTD. [JP]/[JP]
  • 国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 藤井 英俊 FUJII Hidetoshi
  • 森貞 好昭 MORISADA Yoshiaki
  • 勝 祐介 KATSU Yusuke
  • 竹内 裕貴 TAKEUCHI Hiroki
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 Eikoh Patent Firm, P.C.
優先権情報
2019-04278508.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FRICTION STIR WELDING TOOL AND FRICTION STIR WELDING METHOD
(FR) OUTIL DE SOUDAGE PAR FRICTION-MALAXAGE ET PROCÉDÉ DE SOUDAGE PAR FRICTION-MALAXAGE
(JA) 摩擦攪拌接合用ツール及び摩擦攪拌接合方法
要約
(EN)
A friction stir welding tool (1) has a shoulder portion (2) and a probe portion (6) provided to the bottom surface of the shoulder portion (2). The length of the probe portion (6) is at least 5.5 mm. The friction stir welding tool (1) has, as the base material, a ceramic in which silicon nitride or SiAlON is the main phase.
(FR)
Un outil de soudage par friction-malaxage (1) a une partie épaulement (2) et une partie sonde (6) disposée sur la surface inférieure de la partie épaulement (2). La longueur de la partie sonde (6) est d'au moins 5,5 mm. L'outil de soudage par friction-malaxage (1) a, en tant que matériau de base, une céramique dans laquelle du nitrure de silicium ou du SiAlON constitue la phase principale.
(JA)
摩擦攪拌接合用ツール(1)は、ショルダ部(2)と、ショルダ部(2)の底面に設けられたプローブ部(6)と、を有する。プローブ部(6)の長さが5.5mm以上である。摩擦攪拌接合用ツール(1)は、窒化珪素又はサイアロンを主相とするセラミックスを基材とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報