処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020130102 - 自己免疫疾患の改善用組成物

公開番号 WO/2020/130102
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049939
国際出願日 19.12.2019
IPC
A61K 31/352 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
335環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン
35異種原子として1個の酸素のみを有する6員環を持つもの
352炭素環と縮合したもの,例.カンナビノール,メタンテリン
A61P 19/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19骨格系疾患の治療剤
02関節疾患のためのもの,例.関節炎,関節症
A61P 37/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02免疫調節剤
A61P 43/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43グループA61P1/00~A61P41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C07D 407/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
4072個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として酸素原子のみをもち,C07D405/00に属さない複素環式化合物
022個の複素環を含有するもの
04環原子―環原子結合により直接結合しているもの
A23L 33/10 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
33食品の栄養改善;ダイエット用製品;それらの調製または処理
10添加物の使用
出願人
  • 学校法人近畿大学 KINKI UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 西田 升三 NISHIDA Shozo
  • 椿 正寛 TSUBAKI Masanobu
  • 武田 朋也 TAKEDA Tomoya
  • 田邉 元三 TANABE Genzoh
  • 森川 敏生 MORIKAWA Toshio
代理人
  • 廣幸 正樹 HIROKOH Masaki
優先権情報
2018-23768819.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITION FOR IMPROVING AUTOIMMUNE DISEASE
(FR) COMPOSITION POUR SOULAGER UNE MALADIE AUTO-IMMUNE
(JA) 自己免疫疾患の改善用組成物
要約
(EN)
Antibody preparations for improving or treating autoimmune diseases have been proposed, but the route of administration is limited to intravenous, imposing a burden on the patient. Also, mangiferin has an effect for improving autoimmune disease by oral ingestion, but the effect is small and realistic ingestion was not easy. Furthermore, novel drugs that inhibit kinases such as NIK are always needed to develop effective pharmaceuticals and the like for treating autoimmune diseases. At least one compound selected from substances represented by formula (1), norathyriol, 1,3,5,6-tetrahydroxyxanthone, xanthydrol, α-mangosteen, and γ-mangosteen has an effect by oral ingestion, and this effect can be exhibited by a smaller amount than was possible with mangiferin.
(FR)
Des préparations d'anticorps pour soulager ou traiter des maladies auto-immunes ont été proposées dans l'état de la technique, mais la voie d'administration est limitée à une intraveineuse, ce qui impose une charge sur le patient. En outre, la mangiférine présente un effet de soulagement d'une maladie auto-immune par ingestion orale, mais l'effet est faible et une ingestion réaliste n'était pas facile. En outre, de nouveaux médicaments qui inhibent les kinases telles que NIK sont toujours nécessaires pour développer des produits pharmaceutiques efficaces et similaires pour traiter des maladies auto-immunes. L'invention concerne au moins un composé choisi parmi des substances représentées par la formule (1), le norathyriol, la 1,3,5,6-tétrahydroxyxanthone, le xanthydrol, l'α-mangoustan, et le γ-mangoustan, qui présente un effet par ingestion orale, cet effet pouvant être démontré par une quantité inférieure à celle qui était possible avec la mangiférine.
(JA)
自己免疫疾患を改善若しくは治療するための抗体製剤が提案されているが、投与経路は静脈内に限られ、患者の負担となっていた。また、マンギフェリンは経口摂取によって自己免疫疾患を改善する効果を有するが、効果が小さく、現実的に摂取するには、容易ではなかった。さらに、NIKなどのキナーゼを阻害する新規の薬剤が、自己免疫疾患を処置するための有効な医薬品等を開発するために、常に必要とされている。 (1)式で表される物質、ノラチリオール、1,3,5,6-テトラヒドロキシキサントン、キサントヒドロール、α-マンゴスチン、γ-マンゴスチンから選ばれる少なくとも一種の化合物は、経口摂取で効果を有し、マンギフェリンよりも少ない量で効果を表すことができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報