処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020130077 - 多能性幹細胞を除去するための組成物、及び多能性幹細胞の除去方法

公開番号 WO/2020/130077
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049837
国際出願日 19.12.2019
IPC
C12N 5/0735 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
073胚細胞または組織;胎児細胞または組織
0735胚性幹細胞;胚性生殖細胞
C12N 5/09 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
09腫瘍細胞
C12N 5/10 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C12N 1/00 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
C12Q 1/6851 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6844核酸増幅反応
6851定量的な増幅
C12Q 1/6876 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6876核酸分析で使用される核酸産物,例.プライマーまたはプローブ
出願人
  • 国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 近藤 亨 KONDO Toru
代理人
  • 特許業務法人セントクレスト国際特許事務所 CENTCREST IP ATTORNEYS
優先権情報
2018-23931821.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITION FOR REMOVING PLURIPOTENT STEM CELLS AND METHOD OF REMOVING PLURIPOTENT STEM CELLS
(FR) COMPOSITION POUR ÉLIMINER DES CELLULES SOUCHES PLURIPOTENTES ET PROCÉDÉ D'ÉLIMINATION DE CELLULES SOUCHES PLURIPOTENTES
(JA) 多能性幹細胞を除去するための組成物、及び多能性幹細胞の除去方法
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a composition and method for removing undifferentiated pluripotent stem cells that remain present in a cell group that has been induced to differentiate from pluripotent stem cells. It has been discovered that a dihydroorotate dehydrogenase inhibitor exhibits cytotoxicity for pluripotent stem cells while not exhibiting significant cytotoxicity for cells that have undergone differentiation, e.g., somatic stem cells.
(FR)
L'objectif de la présente invention est de fournir une composition et un procédé pour éliminer des cellules souches pluripotentes non différenciées qui restent présentes dans un groupe de cellules qui a été induit pour se différencier de cellules souches pluripotentes. Il a été découvert qu'un inhibiteur de dihydroorotate déshydrogénase présente une cytotoxicité pour des cellules souches pluripotentes tout en ne présentant pas de cytotoxicité significative pour des cellules qui ont subi une différenciation, par exemple, des cellules souches somatiques.
(JA)
多能性幹細胞から分化誘導した細胞群に残存する未分化の多能性幹細胞を除去するための組成物及び方法を提供することを目的とし、ジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ阻害剤は、多能性幹細胞に対して細胞傷害活性を示す一方で、体性幹細胞等の分化した細胞に対しては有意な細胞傷害活性を示さないことを見出した。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報