処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020130073 - 接着剤、積層フィルム、及び積層フィルムの製造方法

公開番号 WO/2020/130073
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049801
国際出願日 19.12.2019
IPC
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
B32B 27/40 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
40ポリウレタンからなるもの
B65D 65/40 2006.01
B処理操作;運輸
65運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D物品または材料の貯蔵または輸送用の容器,例.袋,樽,びん,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,広口びん,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉鎖具,または閉鎖具のための付属品;包装要素;包装体
65被包材または可撓性カバー;特殊な型または形の包装材
38特殊な型または形の包装材
40特定の包装目的のためのラミネート材の応用
C09J 5/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
5一般的接着方法;他の分類に規定されない接着方法,例.下塗りに関連するもの
04接合各面に接着成分を別々に適用することを要するもの
C09J 175/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04ポリウレタン
B32B 7/12 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7層間の関係を特徴とする積層体;層間の特性の相対的な方向性,または層間の測定可能なパラメータの相対的な値を特徴とする積層体,すなわち層間で異なる物理的,化学的または物理化学的性質を有する積層体;層の相互結合を特徴とする積層体
04層の相互結合
12層間に接着剤または結合材料を用いるもの
出願人
  • DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 冨田 大樹 TOMITA Daiki
  • 本間 隆雄 HONMA Takao
  • 高橋 茂和 TAKAHASHI Shigekazu
代理人
  • 小川 眞治 OGAWA Shinji
優先権情報
2018-23959721.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ADHESIVE, LAMINATED FILM, AND METHOD FOR PRODUCING LAMINATED FILM
(FR) ADHÉSIF, FILM STRATIFIÉ ET PROCÉDÉ POUR PRODUIRE UN FILM STRATIFIÉ
(JA) 接着剤、積層フィルム、及び積層フィルムの製造方法
要約
(EN)
Provided is a solventless two-part adhesive which has excellent worked appearance and workability while exhibiting excellent adhesive strength even after short term aging of 12 hours at a normal temperature (about 25°C). The present invention provides: the two-part cure adhesive which comprises, as essential components, a polyisocyanate composition (X) that contains polyisocyanate (A) and a resin composition (Y) that includes polyol (B), and which satisfies (1) to (3); and a laminated film and a package using the same. (1) The tensile shear adhesive strength (N1) 30 minutes after pressure bonding when provided between two substrates is 0.5 N/cm2 or more. (2) The tensile shear adhesive strength (N1) 30 minutes after pressure bonding when provided between two substrates is at most three times more than the tensile shear adhesive strength (N2) 10 minutes after pressure bonding. (3) The tensile shear adhesive strength (N3) 5 hours after pressure bonding when provided between two substrates is 20 N/cm2 or more.
(FR)
La présente invention concerne un adhésif en deux parties sans solvant qui présente un excellent aspect travaillé et une excellente aptitude au façonnage tout en présentant une excellente force d'adhérence même après un vieillissement à court terme de 12 heures à une température normale (environ 25 °C). La présente invention concerne : l'adhésif durcissant en deux parties qui comprend, en tant que composants essentiels, une composition de polyisocyanate (X) qui contient un polyisocyanate (A) et une composition de résine (Y) qui comprend un polyol (B), et qui satisfait aux points (1) à (3) ; et un film stratifié et un emballage utilisant celui-ci. (1) La force adhésive de cisaillement à la traction (N1) 30 minutes après liaison par pression lorsqu'il est disposé entre deux substrats est de 0,5 N/cm2 ou plus. (2) La force adhésive de cisaillement à la traction (N1) 30 minutes après collage par pression lorsqu'il est disposé entre deux substrats est au plus trois fois supérieure à la résistance adhésive de cisaillement à la traction (N2) 10 minutes après collage par pression. (3) La force adhésive de cisaillement à la traction (N3) 5 heures après collage par pression lorsqu'il est disposé entre deux substrats est de 20 N/cm2 ou plus.
(JA)
常温(25℃前後)かつ12時間の短エージングであっても優れた接着強度を発現しつつ、加工外観と加工性が優れる無溶剤型の2液型接着剤を提供する。 ポリイソシアネート(A)を含有するポリイソシアネート組成物(X)と、ポリオール(B)を含有する樹脂組成物(Y)を必須成分とする2液硬化型接着剤であって、(1)~(3)を満たす2液硬化型接着剤、それを使用した積層フィルム、包装体。 (1)2つの基材間に設けられ圧着後30分経過した時の引張りせん断接着強さ(N1)が0.5N/平方cm以上である。 (2)2つの基材間に設けられ圧着後30分経過した時の引張りせん断接着強さ(N1)は、圧着後10分経過した時の引張りせん断接着強さ(N2)の3倍以下である。 (3)2つの基材間に設けられ圧着後5時間経過した時の引張りせん断接着強さ(N3)は20N/平方cm以上である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報