処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020130067 - カルボニル化合物の製造法

公開番号 WO/2020/130067
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049773
国際出願日 19.12.2019
IPC
C12P 7/24 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
24カルボニル基を含むもの
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 15/52 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
出願人
  • 公益財団法人地球環境産業技術研究機構 RESEARCH INSTITUTE OF INNOVATIVE TECHNOLOGY FOR THE EARTH [JP]/[JP]
発明者
  • 乾将行 INUI Masayuki
  • 平賀和三 HIRAGA Kazumi
  • 須田雅子 SUDA Masako
  • 渡邉彰 WATANABE Akira
代理人
  • 特許業務法人池内アンドパートナーズ IKEUCHI & PARTNERS
優先権情報
2018-23849620.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING CARBONYL COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉPARATION D'UN COMPOSÉ CARBONYLE
(JA) カルボニル化合物の製造法
要約
(EN)
Provided is a method for producing a carbonyl compound having 8-16 carbon atoms with the use of microbial cells. A method for producing a carbonyl compound that comprises synthesizing a carbonyl compound having 8-16 carbon atoms by an aldol reaction using an aldehyde having 4-8 carbon atoms as a donor substrate in an aqueous solution in which a catalyst is present, wherein: the catalyst is microbial cells or a part thereof; and the carbonyl compound is a β-hydroxyaldehyde represented by general formula (I) or an α,β-unsaturated aldehyde represented by general formula (II) which is a dehydration product thereof.
(FR)
L'invention concerne un procédé de production d'un composé carbonyle possédant 8 à 16 atomes de carbone à l'aide de cellules microbiennes. L'invention concerne un procédé de production d'un composé carbonyle comprenant la synthèse d'un composé carbonyle possédant 8 à 16 atomes de carbone par une réaction aldolique à l'aide d'un aldéhyde possédant 4 à 8 atomes de carbone en tant que substrat donneur dans une solution aqueuse comportant un catalyseur, le catalyseur étant des cellules microbiennes ou une partie correspondante; et le composé carbonyle étant un beta-hydroxyaldéhyde représenté par la formule générale (I) ou un aldéhyde alpha, beta-insaturé représenté par la formule générale (II) qui est un produit de déshydratation correspondant.
(JA)
微生物菌体を用いて炭素数が8~16のカルボニル化合物の製造方法を提供する。 カルボニル化合物の製造方法であって、触媒が存在する水溶液中で炭素数が4~8であるアルデヒドをドナー基質とするアルドール反応により炭素数が8~16であるカルボニル化合物を合成することを含み、 前記触媒は、微生物菌体またはその一部であり、 前記カルボニル化合物は、下記一般式(I)で表されるβ-ヒドロキシアルデヒド、またはそれが脱水された下記一般式(II)で表されるα,β-不飽和アルデヒドである、製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報