処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129987 - 粘着テープ及び電子部品の製造方法

公開番号 WO/2020/129987
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049442
国際出願日 17.12.2019
IPC
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
C09J 11/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
04無機物
C09J 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11グループC09J9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02非高分子添加剤
06有機物
C09J 133/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04エステルの単独重合体または共重合体
06炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
C09J 201/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201不特定の高分子化合物に基づく接着剤
C09J 7/38 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7フィルム状または箔状の接着剤
30接着剤組成物に特徴のあるもの
38感圧性接着剤
出願人
  • 積水化学工業株式会社 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 西中 久美子 NISHINAKA, Kumiko
  • 野村 高弘 NOMURA, Takahiro
代理人
  • 特許業務法人 安富国際特許事務所 YASUTOMI & ASSOCIATES
優先権情報
2018-23868720.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ADHESIVE TAPE AND METHOD FOR MANUFACTURING ELECTRONIC COMPONENT
(FR) RUBAN ADHÉSIF ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN COMPOSANT ÉLECTRONIQUE
(JA) 粘着テープ及び電子部品の製造方法
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide: an adhesive tape which can be used in a support body which does not transmit light in manufacturing of an electronic component and, even when subjected to high-temperature treatment, does not easily detach from an adherend or the support body and suppresses adhesive residue; and a method for manufacturing an electronic component using the adhesive tape. This adhesive tape has a non-ultraviolet curable adhesive layer and an ultraviolet curable adhesive layer laminated on the non-ultraviolet curable adhesive layer. The non-ultraviolet curable adhesive layer has a tensile strength at 23°C of 5.0 N/10 mm to 20.0 N/10 mm. The non-ultraviolet curable adhesive layer has an amount of outgassing of 10000 ppm or less when heated at 260°C for 15 minutes.
(FR)
La présente invention concerne un ruban adhésif pouvant être utilisé dans un corps de support qui ne transmet pas la lumière lors de la fabrication d'un composant électronique et qui, même lorsqu'il est soumis à un traitement à haute température, ne se détache pas facilement d'une partie adhérée ou du corps de support et n'engendre pas de résidu adhésif ; et un procédé de fabrication d'un composant électronique utilisant ce ruban adhésif. Le ruban adhésif comporte une couche adhésive durcissable par rayonnement non ultraviolet et une couche adhésive durcissable par rayonnement ultraviolet, stratifiée sur la couche adhésive durcissable par rayonnement non ultraviolet. La couche adhésive durcissable par rayonnement non ultraviolet présente une résistance à la traction, à 23 °C, comprise entre 5,0 N/10 mm et 20,0 N/10 mm. La couche adhésive durcissable par rayonnement non ultraviolet présente une valeur d'émission de gaz inférieure ou égale à 10 000 ppm lorsqu'elle est chauffée à 260 °C pendant 15 minutes.
(JA)
本発明は、電子部品の製造において光を透過しない支持体にも用いることができ、高温処理を行った場合であっても被着体及び支持体からの剥離や糊残りを抑えることができる粘着テープ及び該粘着テープを用いた電子部品の製造方法を提供することを目的とする。本発明は、非紫外線硬化型粘着剤層及び前記非紫外線硬化型粘着剤層上に積層された紫外線硬化型粘着剤層を有する粘着テープであって、前記非紫外線硬化型粘着剤層は23℃での引張強度が5.0N/10mm以上20.0N/10mm以下であり、かつ、前記非紫外線硬化型粘着剤層を260℃で15分間加熱した際のアウトガス量が10000ppm以下である、粘着テープである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報