処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129978 - 加飾成形品

公開番号 WO/2020/129978
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049419
国際出願日 17.12.2019
IPC
B29C 51/08 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
51熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
08深絞りまたはマッチドモールド成形,即ち機械的手段のみを用いるもの
B29C 51/10 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
51熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
10圧力差,例.真空,による成形
B29C 63/02 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
63ライニングまたは被覆,すなわち,プラスチックからなる予備成形された積層材または被覆材を適用するもの;そのための装置
02シートまたは帯状材料を用いるもの
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
B62J 17/00 2020.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
J自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
17運転者の荒天用防護具;風防または他に分類されない流線型状部品
B62J 17/04 2006.01
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
J自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
17運転者の荒天用防護具;風防または他に分類されない流線型状部品
02運転者の前面のみを遮蔽するもの
04風よけガラス
出願人
  • 本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 佐藤 育恵 SATO Ikue
  • 坂田 裕基 SAKATA Hiroki
  • 水谷 幸作 MIZUTANI Kosaku
代理人
  • 特許業務法人落合特許事務所 OCHIAI & CO.
優先権情報
2018-23669918.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DECORATIVE MOLDED COMPONENT
(FR) ÉLÉMENT MOULÉ DÉCORATIF
(JA) 加飾成形品
要約
(EN)
A decorative molded component (23a) comprises: a base body (52) having a shell body (54) that expands along a mating surface (S), and a transparent opening section (58) that is adjacent to the shell body (54) along the mating surface (S); and a molded body (35) that is covered by the mating surface (S), is contiguous with a surface body (53) that is joined to the shell body (54), and extends over the transparent opening section (58). As a result, it is possible to provide a decorative molded component in which the functions of both members are preserved while improving the appearance thereof.
(FR)
La présente invention concerne un élément moulé décoratif (23a) qui comprend : un corps de base (52) ayant un corps de coque (54) qui s'étend le long d'une surface d'accouplement (S), et une section d'ouverture transparente (58) qui est adjacente au corps de coque (54) le long de la surface d'accouplement (S) ; et un corps moulé (35) qui est recouvert par la surface d'accouplement (S), est contigu à un corps de surface (53) qui est relié au corps de coque (54) et s'étend sur la section d'ouverture transparente (58). Par conséquent, il est possible de fournir un élément moulé décoratif dans lequel les fonctions des deux organes sont préservées, tout en améliorant l'aspect de ce dernier.
(JA)
加飾成形品(23a)は、合わせ面(S)に沿って広がるシェル体(54)、および、シェル体(54)に隣接して合わせ面(S)に沿って区画される透孔部(58)を有する基体(52)と、合わせ面(S)に被覆されて、シェル体(54)に接合される表皮体(53)から連続して透孔部(58)に被さる成形体(35)とを備える。これにより、2部材の機能を確保しながら見栄えを向上することができる加飾成形品を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報