処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129957 - ホルダ、切削工具及び切削加工物の製造方法

公開番号 WO/2020/129957
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049336
国際出願日 17.12.2019
IPC
B23B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
27旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
B23B 29/02 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
29回転しない切削工具のホルダ;中ぐり棒または中ぐりヘッド;工具ホルダ用付属品
02中ぐり棒
B23Q 11/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Q工作機械の細部;構成部分,または付属装置,例.倣いまたは制御装置;特定の細部または構成部分の構造により特徴づけられる工作機械一般;特定の結果を目的としない金属加工機械の組合わせ
11工具または機械の部分を良い作業状態に維持するためまたは工作物を冷却するために工作機械に取りつけた付属装置;特に工作機械に配備または組合せてもしくは工作機械と共に使用するために付け加えられる安全装置
F16F 15/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Fばね;緩衝装置;振動減衰手段
15機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
02非回転機構,例.往復運動機構,の振動防止;回転機構と共に運動しない部材を用いる回転機構の振動防止
出願人
  • 京セラ株式会社 KYOCERA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 権隨 佑知 GONZUI, Hirotoshi
代理人
  • 特許業務法人ブナ国際特許事務所 BUNA PATENT ATTORNEYS
優先権情報
2018-23599118.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HOLDER, CUTTING TOOL, AND METHOD FOR MANUFACTURING CUT WORKPIECE
(FR) SUPPORT, OUTIL DE COUPE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PIÈCE
(JA) ホルダ、切削工具及び切削加工物の製造方法
要約
(EN)
A holder based on a non-limiting embodiment of the present disclosure is provided with: a rod-shaped main body portion extending along a central axis from a first end to a second end; a columnar first weight; and a columnar second weight. The main body portion has a void extending along the central axis. Furthermore, the first weight is positioned inside the void, and the second weight is positioned inside the void, on the second end side of the first weight.
(FR)
Un mode de réalisation non limitatif de la présente invention concerne un support comprenant : une partie corps principal en forme de tige s'étendant le long d'un axe central d'une première extrémité à une seconde extrémité ; un premier poids en colonne ; et un second poids en colonne. La partie corps principal présente un vide s'étendant le long de l'axe central. En outre, le premier poids est positionné à l'intérieur du vide, et le second poids est positionné à l'intérieur du vide, sur le second côté d'extrémité du premier poids.
(JA)
本開示の限定されない一態様に基づくホルダは、中心軸に沿って第1端から第2端にかけて延びた棒形状の本体部と、柱状の第1錘と、柱状の第2錘と、を備える。本体部は、中心軸に沿って延びた空洞を有する。そして、第1錘は、空洞の内部に位置し、第2錘は、空洞の内部に位置し、かつ、第1錘よりも第2端の側に位置する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報