処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129947 - DLL回路、時間差増幅回路及び測距撮像装置

公開番号 WO/2020/129947
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049308
国際出願日 17.12.2019
IPC
G01C 3/06 2006.01
G物理学
01測定;試験
C距離,水準または方位の測定;測量;航行;ジャイロ計器;写真計量または映像計量
3視準線上の距離測定;光学的距離計
02細部
06最終指示値を得るための電気的手段の使用
G01S 17/89 2020.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
17電波以外の電磁波の反射または再放射を使用する方式,例.ライダー方式
88特定の応用に特に適合したライダー方式
89マッピングまたはイメージング用のもの
H03L 7/081 2006.01
H電気
03基本電子回路
L電子的振動またはパルス発生器の自動制御,起動,同期または安定化
7周波数または位相の自動制御;同期
06周波数または位相ロックループに加えられる基準信号を用いるもの
08位相ロックループの細部
081付加的な制御移相器を有するもの
H04N 5/376 2011.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
5テレビジョン方式の細部
30光または類似信号から電気信号への変換
335固体撮像素子を用いるもの
369固体撮像素子の構造,固体撮像素子と関連する回路に特徴のあるもの
376アドレス回路
出願人
  • パナソニックセミコンダクターソリューションズ株式会社 PANASONIC SEMICONDUCTOR SOLUTIONS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 加藤 匠 KATO, Takumi
  • 松川 和生 MATSUKAWA, Kazuo
  • 尾関 俊明 OZEKI, Toshiaki
代理人
  • 新居 広守 NII, Hiromori
  • 寺谷 英作 TERATANI, Eisaku
  • 道坂 伸一 MICHISAKA, Shinichi
優先権情報
2018-23630618.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DLL CIRCUIT, TEMPORAL DIFFERENCE AMPLIFYING CIRCUIT, AND RANGING/IMAGING DEVICE
(FR) CIRCUIT DLL, CIRCUIT D'AMPLIFICATION DE DIFFÉRENCE TEMPORELLE ET DISPOSITIF DE TÉLÉMÉTRIE/IMAGERIE
(JA) DLL回路、時間差増幅回路及び測距撮像装置
要約
(EN)
A DLL circuit (10) is provided with: a temporal difference amplifying circuit (11) which, with respect to a first signal and a second signal that have been input, performs a process for amplifying a temporal difference between an edge that is a point of change in logic level included in the first signal and an edge that is a point of change in logic level included in the second signal, and which outputs a resultant first amplified signal and second amplified signal; a phase comparison circuit (12) which calculates a phase difference between the first amplified signal and the second amplified signal output from the temporal difference amplifying circuit (11), and outputs a phase difference signal indicating the calculated phase difference; and a variable delay circuit (13) which causes the second signal to be delayed by a delay amount that depends on the phase difference indicated by the phase difference signal output from the comparison circuit (12), and outputs the second signal as a delayed signal.
(FR)
L'invention concerne un circuit DLL (10) comprenant : un circuit d'amplification de différence temporelle (11) qui, par rapport à un premier signal et un second signal entrés, exécute un processus permettant d'amplifier une différence temporelle entre un bord constituant un point de changement de niveau logique inclus dans le premier signal et un bord constituant un point de changement de niveau logique inclus dans le second signal, et qui émet en sortie un premier signal amplifié et un second signal amplifié ainsi obtenus ; un circuit de comparaison de phase (12) qui calcule une différence de phase entre le premier signal amplifié et le second signal amplifié émis par le circuit d'amplification de différence temporelle (11), et émet en sortie un signal de différence de phase indiquant la différence de phase calculée ; et un circuit à retard variable (13) qui provoque le retard du second signal selon une quantité de retard dépendant de la différence de phase indiquée par le signal de différence de phase émis par le circuit de comparaison (12), et émet en sortie le second signal sous la forme d'un signal retardé.
(JA)
DLL回路(10)は、入力された第1信号及び第2信号に対して、第1信号に含まれる論理レベルの変化点であるエッジと第2信号に含まれる論理レベルの変化点であるエッジとの時間差を増幅する処理を施し、得られた第1増幅後信号及び第2増幅後信号を出力する時間差増幅回路(11)と、時間差増幅回路(11)から出力された第1増幅後信号及び第2増幅後信号の位相差を算出し、算出した位相差を示す位相差信号を出力する位相比較回路(12)と、位相比較回路(12)から出力された位相差信号が示す位相差に依存する遅延量だけ第2信号を遅延させ、遅延後信号として出力する可変遅延回路(13)とを備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報