処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129918 - ジルコニア焼結体

公開番号 WO/2020/129918
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049251
国際出願日 16.12.2019
IPC
A61C 13/08 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
C歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
13歯科補綴;その製造
08人工歯;その製造
A61C 13/083 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
C歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
13歯科補綴;その製造
08人工歯;その製造
083磁器または陶器材の人工歯
A61C 5/70 2017.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
C歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
5歯の充填または被覆
70歯冠;その製造
出願人
  • クラレノリタケデンタル株式会社 KURARAY NORITAKE DENTAL INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 原田 進司 HARADA Shinji
  • 山田 芳久 YAMADA Yoshihisa
代理人
  • 鎌田 耕一 KAMADA Koichi
  • 田村 康晃 TAMURA Yasuaki
優先権情報
2018-23766919.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ZIRCONIA SINTERED BODY
(FR) CORPS FRITTÉ EN ZIRCONE
(JA) ジルコニア焼結体
要約
(EN)
The present invention provides a zirconia sintered body with which it is possible to shorten the processing time by reducing the amount of an excess portion to be removed when a prosthetic appliance is machined from the zirconia sintered body, to extend the durability of processing equipment, and to shorten the time for treatment of a patient, and which undergoes little deformation and provides a high aesthetic value. The present invention pertains to a columnar-shaped zirconia sintered body that has a bottom face and a lateral face, wherein the bottom face has an outer shape that is neither square-shaped nor rectangle-shaped but that has at least one straight portion.
(FR)
La présente invention concerne un corps fritté en zircone avec lequel il est possible de raccourcir le temps de traitement d'un appareil prothétique usiné à partir du corps fritté en zircone en réduisant la quantité d'une partie excédentaire à retirer, de prolonger la durabilité de l'équipement de traitement, et de raccourcir le temps de traitement d'un patient, qui subit peu de déformation et fournit une valeur esthétique élevée. La présente invention concerne un corps fritté en zircone en forme de colonne doté d'une face inférieure et d'une face latérale, la face inférieure ayant une forme externe qui n'est ni carrée ni rectangulaire, mais qui a au moins une partie droite.
(JA)
本発明は、ジルコニア焼結体から補綴物を削り出す際に除去される余剰部分を低減することで、加工時間を短縮し、加工器具の耐久を延長させ、患者の治療時間を短縮することができ、焼成時の変形が小さく、かつ審美性の高いジルコニア焼結体を提供する。本発明は、底面及び側面を有する柱体状のジルコニア焼結体であって、該底面の外形が正方形でも長方形でもなく、少なくとも1つの直線部を有する形状である、ジルコニア焼結体に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報