処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129904 - 水性インクジェットイエローインキ、インキセット、及び、印刷物の製造方法

公開番号 WO/2020/129904
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049201
国際出願日 16.12.2019
IPC
C09B 19/02 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
19オキサジン染料
02アミノキノンから製造されたビスオキサジン
C09B 29/20 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
29ジアゾ化およびカップリングによるモノアゾ染料
10唯一のダイレクティンググループとしてヒドロキシ基を含むカップリング成分からのもの
18オルト―ヒドロキシカルボン酸アミド
20ナフタレン系
C09B 47/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
B有機染料または染料製造に密接な関連を有する化合物;媒染剤;レーキ
47ポルフィン;アザポルフィン
04フタロシアニン
B41J 2/01 2006.01
B処理操作;運輸
41印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
Jタイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01インクジェット
C09D 11/322 2014.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
11インキ
30インクジェット印刷インキ
32着色剤に特徴があるもの
322顔料インキ
C09D 11/40 2014.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
11インキ
30インクジェット印刷インキ
40多色インクジェット印刷に適したインキセット
出願人
  • 東洋インキSCホールディングス株式会社 TOYO INK SC HOLDINGS CO., LTD. [JP]/[JP]
  • 東洋インキ株式会社 TOYO INK CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 依田 純 YODA Atsushi
  • 城内 一博 JONAI Kazuhiro
  • 鈴木 紀雄 SUZUKI Norio
代理人
  • 三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu
  • 伊藤 正和 ITO Masakazu
  • 高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio
優先権情報
2018-23519917.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AQUEOUS INKJET YELLOW INK, INK SET, AND METHOD FOR PRODUCING PRINTED MATTER
(FR) ENCRE AQUEUSE JAUNE POUR JET D'ENCRE, ENSEMBLE D'ENCRE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE MATIÈRE IMPRIMÉE
(JA) 水性インクジェットイエローインキ、インキセット、及び、印刷物の製造方法
要約
(EN)
One embodiment of the present invention pertains to an aqueous inkjet yellow ink including a yellow pigment (A) having a specific partial structure, an organic solvent, a basic organic compound, and water, wherein: the yellow pigment (A) content is 1-10 mass% in the total amount of the aqueous inkjet yellow ink; the basic organic compound includes 0.1-1.25 mass% of a basic organic compound (B) having a pKa value at 25°C of 9.5 or lower in the total amount of the aqueous inkjet yellow ink; and the organic solvent content is 5 mass% or less in the total amount of the aqueous inkjet yellow ink, the organic solvent having a boiling point at 1 atm of 240°C or higher.
(FR)
Un mode de réalisation de la présente invention concerne une encre aqueuse jaune pour jet d'encre comprenant un pigment jaune (A) présentant une structure partielle spécifique, un solvant organique, un composé organique basique et de l'eau : la teneur en pigment jaune (A) étant de 1-10 % en masse dans la quantité totale de l'encre aqueuse jaune pour jet d'encre ; le composé organique basique comprenant 0,1-1,25 % en masse d'un composé organique basique (B) présentant une valeur de pKa à 25°C de 9,5 ou moins dans la quantité totale de l'encre aqueuse jaune pour jet d'encre ; et la teneur en solvant organique étant de 5 % en masse ou moins dans la quantité totale de l'encre aqueuse jaune pour jet d'encre, le solvant organique présentant un point d'ébullition à 1 atm de 240°C ou plus.
(JA)
一実施形態は、特定の部分構造を有するイエロー顔料(A)と、有機溶剤と、塩基性有機化合物と、水とを含む、水性インクジェットイエローインキであって、前記イエロー顔料(A)の含有量が、前記水性インクジェットイエローインキの全量中、1~10質量%であり、前記塩基性有機化合物が、25℃におけるpKa値が9.5以下である塩基性有機化合物(B)を、前記水性インクジェットイエローインキの全量中に0.1~1.25質量%含み、1気圧下における沸点が240℃以上である有機溶剤の含有量が、前記水性インクジェットイエローインキの全量中、5質量%以下である、水性インクジェットイエローインキに関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報