処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129901 - ケトン化合物の製造方法

公開番号 WO/2020/129901
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049177
国際出願日 16.12.2019
IPC
C07B 41/06 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
41酸素含有官能基の形成または導入
06カルボニル基の
C07C 45/45 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
45炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
45縮合によるもの
C07C 69/767 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
69カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
76エステル化されているカルボキシル基が6員芳香環の炭素原子に結合しているカルボン酸のエステル
767エステル化されている水酸基が非環式炭素原子に結合している不飽和アルコールでエステル化されているもの
C07H 1/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
H糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
1糖誘導体の製造方法
C07H 7/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
H糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
7炭素-炭素結合により糖類基に結合する非-糖類基を含有する化合物
04炭素環式基
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
出願人
  • 株式会社トクヤマ TOKUYAMA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 関 雅彦 SEKI Masahiko
  • 真島 和志 MASHIMA Kazushi
  • 劒 隼人 TSURUGI Hayato
  • タルデ ジャリンダ バウサヘブ TALODE Jalindar Bhausaheb
代理人
  • 永井 浩之 NAGAI Hiroshi
  • 中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka
  • 朝倉 悟 ASAKURA Satoru
  • 浅野 真理 ASANO Makoto
  • 反町 洋 SORIMACHI Hiroshi
  • 鈴木 啓靖 SUZUKI Hiroyasu
優先権情報
2018-23591317.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PREPARING KETONE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉPARATION D'UN COMPOSÉ CÉTONE
(JA) ケトン化合物の製造方法
要約
(EN)
[Problem] To provide a novel method for preparing a ketone compound. [Solution] Provided is a method for preparing compound (I) represented by formula (I), the method comprising a step for obtaining compound (I) by reacting compound (II) represented by formula (II), and at least one organic zinc compound selected from the group consisting of compound (III-I) represented by formula (III-I) and compound (III-II) represented by formula (III-II) in the presence of a copper catalyst.
(FR)
Le problème décrit par la présente invention est de fournir un nouveau procédé pour la préparation d'un composé cétone. La solution selon l'invention porte sur un procédé de préparation d'un composé (I) représenté par la formule (I), le procédé comprenant une étape consistant à obtenir un composé (I) par réaction d'un composé (II) représenté par la formule (II), et au moins un composé organique de zinc choisi dans le groupe constitué par le composé (III-I) représenté par la formule (III-I) et le composé (III-II) représenté par la formule (III-II) en présence d'un catalyseur de cuivre.
(JA)
[課題]本発明は、ケトン化合物の新規製造方法を提供することを目的とする。 [解決手段]本発明は、下記式(I): で表される化合物(I)を製造する方法であって、 下記式(II): で表される化合物(II)と、 下記式(III-I): で表される化合物(III-I)、及び、下記式(III-II): で表される化合物(III-II) からなる群から選択される少なくとも1種の有機亜鉛化合物とを、 銅触媒の存在下で反応させて、前記化合物(I)を得る工程 を含んでなる、方法を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報