処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129878 - 積層コーティング層及びその製造方法並びに積層構造の判定方法

公開番号 WO/2020/129878
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049106
国際出願日 16.12.2019
IPC
C23C 16/40 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
40酸化物
C23C 16/42 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
42けい化物
C23C 28/00 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
28メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
C23C 28/04 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
28メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
04無機質非金属材料のみの被覆
G01B 11/06 2006.01
G物理学
01測定;試験
B長さ,厚さまたは同種の直線寸法の測定;角度の測定;面積の測定;表面または輪郭の不規則性の測定
11光学的手段の使用によって特徴づけられた測定装置
02長さ,幅または厚み測定用
06厚み測定用
出願人
  • 国立大学法人山形大学 YAMAGATA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 廣瀬 文彦 HIROSE, Fumihiko
  • 三浦 正範 MIURA, Masanori
  • 鹿又 健作 KANOMATA, Kensaku
  • 久保田 繁 KUBOTA, Shigeru
  • 吉田 一樹 YOSHIDA, Kazuki
代理人
  • 栗原浩之 KURIHARA, Hiroyuki
  • 山▲崎▼雄一郎 YAMAZAKI, Yuichiro
優先権情報
2018-23583317.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LAMINATED COATING LAYER, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AND METHOD FOR DETERMINING LAMINATED STRUCTURE
(FR) COUCHE DE REVÊTEMENT STRATIFIÉE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, ET PROCÉDÉ DE DÉTERMINATION D'UNE STRUCTURE STRATIFIÉE
(JA) 積層コーティング層及びその製造方法並びに積層構造の判定方法
要約
(EN)
Provided is a laminated coating layer that is a coating layer containing a metal oxide film formed on a processing-target object in the form of a low-temperature-atomic-layer-deposition film, wherein: the coating layer is provided with at least one set of at least two layers among an adhesion layer 2, a moisture-proof layer 3, and a water-proof layer 4 on a surface of a processing-target object 1; the adhesion layer is formed of at least one type of film selected from a metal oxide film and a resin film; the moisture-proof layer is a film in which the principal component is alumina; and the water-proof layer is formed of at least one type of film among a resin film and a metal oxide film selected from a silica film, a niobium oxide film, and a zirconium oxide film.
(FR)
L'invention concerne une couche de revêtement stratifiée qui est une couche de revêtement contenant un film d'oxyde métallique formé sur un objet cible de traitement sous la forme d'un film de dépôt de couche atomique à basse température, où : la couche de revêtement est pourvue d'au moins un ensemble d'au moins deux couches parmi une couche d'adhérence 2, une couche résistante à l'humidité 3, et une couche imperméable à l'eau 4 sur une surface d'un objet cible de traitement 1 ; la couche d'adhérence est formée d'au moins un type de film choisi parmi un film d'oxyde métallique et un film de résine ; la couche résistante à l'humidité est un film dans lequel le composant principal est l'alumine ; et la couche imperméable à l'eau est formée d'au moins un type de film parmi un film de résine et un film d'oxyde métallique choisi parmi un film de silice, un film d'oxyde de niobium et un film d'oxyde de zirconium.
(JA)
被処理対象物上に低温原子層堆積膜で構成された金属酸化膜を含むコーティング層であり、前記コーティング層において被処理対象物1の表面から密着層2、防湿層3、及び防水層4の少なくとも2層を少なくとも1組具備し、前記密着層は、金属酸化膜、及び樹脂膜から選択される少なくとも1種の膜からなり、前記防湿層は、アルミナを主成分とする膜であり、前記防水層は、シリカ膜、酸化ニオブ膜及び酸化ジルコニウム膜から選択される金属酸化膜、及び樹脂膜の少なくとも1種の膜からなる、積層コーティング層とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報