処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129877 - イソキノリンスルホニルクロリド酸付加塩及びその製造方法

公開番号 WO/2020/129877
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049100
国際出願日 16.12.2019
IPC
A61K 31/472 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47キノリン;イソキノリン
472非縮合イソキノリン,例.パパベリン
A61P 9/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9循環器系疾患の治療剤
A61P 25/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25神経系疾患の治療薬
A61P 27/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
27感覚器系疾患の治療剤
02眼科用剤
A61P 27/06 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
27感覚器系疾患の治療剤
02眼科用剤
06緑内障治療剤,縮瞳剤
C07D 217/22 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
217イソキノリン環系または水素添加したイソキノリン環系を含有する複素環式化合物
22異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が窒素含有環の炭素原子に直接結合したもの
出願人
  • 株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 D. WESTERN THERAPEUTICS INSTITUTE, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 鷲見 賢吾 SUMI, Kengo
  • 中村 良平 NAKAMURA, Ryohei
代理人
  • 特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE
優先権情報
2018-23637218.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ISOQUINOLINESULFONYL CHLORIDE ACID ADDITION SALT AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) SEL D'ADDITION D'ACIDE DE CHLORURE D'ISOQUINOLINESULFONYLE ET PROCÉDÉ POUR LE PRODUIRE
(JA) イソキノリンスルホニルクロリド酸付加塩及びその製造方法
要約
(EN)
The present invention provides a compound which is useful as a production intermediate for an isoquinolin-6-sulfonamide compound; and a method for producing the compound. An isoquinolin-6-sulfonyl chloride acid addition salt.
(FR)
La présente invention concerne un composé qui est utile en tant qu'intermédiaire de production pour un composé isoquinolin-6-sulfonamide ; et un procédé de production du composé. L'invention concerne un sel d'addition d'acide de chlorure d'isoquinolin-6-sulfonyle.
(JA)
イソキノリン-6-スルホンアミド化合物の製造中間体として有用な化合物及びその製造方法の提供。 イソキノリン-6-スルホニルクロリド酸付加塩。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報