処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129859 - 穿孔工具

公開番号 WO/2020/129859
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/049016
国際出願日 13.12.2019
IPC
B23B 47/06 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
47中ぐり盤またはボール盤のために特に設計された,構造に特徴がある構成部分;そのための付属装置
02伝動装置;歯車装置
04加工主軸を回転させるためのもの
06電気的手段によって駆動されるもの
B23B 45/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
45手持ちまたは同様な持ち運び可能なボール盤,例.ドリルガン;そのための備品
B25D 16/00 2006.01
B処理操作;運輸
25手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレータ
D衝撃工具
16回転を付加した可搬型衝撃工具
B25F 5/00 2006.01
B処理操作;運輸
25手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレータ
F他に分類されない組合せ工具または多目的工具;作業に特に関連せずかつ他に分類されない可搬型動力駆動工具の細部または要素
5作業の種類に特に関連せず,かつ他に分類されない可搬型動力駆動工具の細部または要素
H02P 6/17 2016.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
P電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器,リアクトルまたはチョークコイルの制御
6回転子の位置に依存する電子整流子を使用する同期電動機または他の電動機の制御装置;それに用いる電子整流子
14電子整流子
16位置検知用回路装置
17速度情報を作成するためのもの
出願人
  • 株式会社マキタ MAKITA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 砂辺 光 SUNABE Hikaru
  • 伊藤 晃浩 ITO Akihiro
代理人
  • 特許業務法人勇智国際特許事務所 YUCHI INTERNATIONAL PATENT FIRM
優先権情報
2018-23879220.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DRILLING TOOL
(FR) PERCEUSE
(JA) 穿孔工具
要約
(EN)
Provided is a rational configuration for suitably determining the likelihood of excessive rotation of a tool body of a drilling tool due to locking of a tip tool. A driver drill (1) comprises: a tool body (10); a brushless motor (2); a current sense amplifier; an acceleration sensor (71); and a controller (5). The current sense amplifier detects a current value of the motor (2) which corresponds to a load acting on a tip tool. The acceleration sensor (71) detects the acceleration which corresponds to the state of rotation of the tool body (10) about a drive shaft. The controller (5), which is configured to control the operation of the driver drill (1), is configured to set a conduction angle for the motor (2) on the basis of the current value of the motor (2) and is configured to determine, on the basis of the current value and the acceleration of the motor (2), whether excessive rotation of the tool body (10) due to locking of a tip tool occurs.
(FR)
L'invention concerne une configuration rationnelle permettant de déterminer adéquatement la probabilité de rotation excessive d'un corps d'outil d'une perceuse en raison du verrouillage d'un embout. Une perceuse-visseuse (1) comprend : un corps d'outil (10) ; un moteur sans balai (2) ; un amplificateur de détection de courant ; un capteur d'accélération (71) ; et un dispositif de commande (5). L'amplificateur de détection de courant détecte une valeur de courant du moteur (2) qui correspond à une charge agissant sur un embout. Le capteur d'accélération (71) détecte l'accélération qui correspond à l'état de rotation du corps d'outil (10) autour d'un arbre d'entraînement. Le dispositif de commande (5), qui est conçu pour commander le fonctionnement de la perceuse-visseuse (1), est conçu pour régler un angle de conduction pour le moteur (2) sur la base de la valeur de courant du moteur (2) et est conçu pour déterminer, sur la base de la valeur de courant et de l'accélération du moteur (2), si une rotation excessive du corps d'outil (10), due au verrouillage d'un embout, se produit.
(JA)
穿孔工具において、先端工具のロックに起因する工具本体の過度な回転の可能性を適切に判断するための合理的な構成を提供する。 ドライバドリル(1)は、工具本体(10)と、ブラシレスモータ(2)と、電流検出アンプと、加速度センサ(71)と、コントローラ(5)とを備える。電流検出アンプは、先端工具に加えられる負荷に対応するモータ(2)の電流値を検出する。加速度センサ(71)は、駆動軸周りの工具本体(10)の回転状態に対応する加速度を検出する。ドライバドリル(1)の動作を制御するように構成されたコントローラ5(は)、モー(タ2)の電流値に基づいてモータ(2)への通電角を設定するように構成され、且つ、モータ(2)の電流値および加速度に基づいて、先端工具のロックに起因する工具本体(10)の過度な回転が生じるか否かを判断するように構成されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報