処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129840 - 熱間鍛造型TiAl基合金、その製造方法、及びその使用

公開番号 WO/2020/129840
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048925
国際出願日 13.12.2019
IPC
C22C 14/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
14チタンを基とする合金
F02B 39/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
39駆動される給気または掃気ポンプに関連する構成部品,細部または付属品で、グループF02B33/00~F02B37/00に分類されないもの
C22F 1/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C22F 1/18 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
16上記以外の金属またはそれを基とする合金
18高融点金属,耐火金属またはそれらを基とする合金
F01D 25/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
F02C 7/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7グループF02C1/00~F02C6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
出願人
  • 国立研究開発法人物質・材料研究機構 NATIONAL INSTITUTE FOR MATERIALS SCIENCE [JP]/[JP]
発明者
  • 鉄井 利光 TETSUI Toshimitsu
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi
  • 荒 則彦 ARA Norihiko
  • 西澤 和純 NISHIZAWA Kazuyoshi
優先権情報
2018-23898921.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HOT-FORGED TIAL-BASED ALLOY, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USES FOR SAME
(FR) ALLIAGE À BASE DE TIAL FORGÉ À CHAUD, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’UN TEL ALLIAGE ET UTILISATIONS D’UN TEL ALLIAGE
(JA) 熱間鍛造型TiAl基合金、その製造方法、及びその使用
要約
(EN)
The present invention is a TiAl-based alloy containing 41–43 atomic% Al, 0–2.5 atomic% Fe, 0–2.5 atomic% Ni, 0–2.0 atomic% Mo, 0–2.0 atomic% W, 0–4.5 atomic% Cr, 0–5.5 atomic% Mn, 0–10 atomic% V, 0–10 atomic% Nb, and 0.3–0.7 atomic% C, with the remainder consisting of Ti and unavoidable impurities, wherein: the alloy element parameter "P = (41.5 – Al)/3 + Fe + Ni + Mo + W + 0.5 Cr + 0.4 Mn + 0.2 V + 0.2 Nb – C" is in a compositional range of 1.1–1.9; and the alloy has a microstructure formed from a γ-phase occupying 5–30 area%, a β-phase occupying 0.5–5 area%, and a lamellar structure occupying the remainder.
(FR)
La présente invention concerne un alliage à base de TiAl contenant de 41 à 43 % atomique d'Al, de 0 à 2,5 % atomique de Fe, de 0 à 2,5 % atomique de Ni, de 0 à 2,0 % atomique de Mo, de 0 à 2,0 % atomique de W, de 0 à 4,5 % atomique de Cr, de 0 à 5,5 % atomique de Mn, de 0 à 10 % atomique de V, de 0 à 10 % atomique de Nb et de 0,3 à 0,7 % atomique de C, le reste étant constitué de Ti et d'impuretés inévitables. Le paramètre élément d'alliage « P = (41,5 - Al)/3 + Fe + Ni + Mo + W + 0,5 Cr + 0,4 Mn + 0,2 V + 0,2 Nb – C » est compris dans une plage de composition de 1,1 à 1,9 ; et l'alliage a une microstructure composée d'une phase γ occupant de 5 à 30 % en surface, d’une phase β occupant de 0,5 à 5 % en surface, et d’une structure lamellaire occupant le reste.
(JA)
本発明は、Al:41~43原子%、Fe:0~2.5原子%、Ni:0~2.5原子%、Mo:0~2.0原子%、W:0~2.0原子%、Cr:0~4.5原子%、Mn:0~5.5原子%、V:0~10原子%、Nb:0~10原子%、C: 0.3~0.7原子%、残部:Ti及び不可避不純物からなるTiAl基合金であって、合金元素パラメータ『P=(41.5-Al)/3+Fe+Ni+Mo+W+0.5Cr+0.4Mn+0.2V+0.2Nb-C』が1.1~1.9の組成範囲にあり、5~30面積%のγ相と、0.5~5面積%のβ相と、残りの部分を占めるラメラ組織と、で構成される微細組織を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報