処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129774 - 心毒性評価方法

公開番号 WO/2020/129774
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048504
国際出願日 11.12.2019
IPC
C12N 5/077 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
C12N 5/0775 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
0775間葉系幹細胞;脂肪組織由来幹細胞
C12Q 1/06 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02生きた微生物を含むもの
04微生物の存在または種類の決定;抗生物質または殺細菌剤の試験のための選択培地の使用;そのための化学指示薬を含む組成物
06定量的な測定
G01N 33/68 2006.01
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33グループG01N1/00~G01N31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
68蛋白質またはペプチドまたはアミノ酸を含むもの
出願人
  • 日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 足達 慧 ADACHI Satoru
  • 関野 祐子 SEKINO Yuko
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2018-23817120.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR EVALUATING CARDIO-TOXICITY
(FR) PROCÉDÉ D'ÉVALUATION DE LA CARDIOTOXICITÉ
(JA) 心毒性評価方法
要約
(EN)
Provided is a method for evaluating cardio-toxicity, in which a biomarker for a cardiac disease is measured at a high accuracy. In this method for evaluating cardio-toxicity, cardiac muscle cells are seeded in a culturing container, together with a medium; a pharmaceutical agent is added to the medium in the culturing container to bring said pharmaceutical agent into contact with the cardiac muscle cells; and subsequently, a biomarker for a cardiac disease secreted from the cardiac muscle cells is measured to evaluate cardio-toxicity of the pharmaceutical agent. In the culturing container, a cluster of the cardiac muscle cells that have been seeded is formed before the pharmaceutical agent is added.
(FR)
L'invention concerne un procédé d'évaluation de la cardiotoxicité faisant appel à la mesure très précise d'un biomarqueur pour une maladie cardiaque. Dans ce procédé d'évaluation de la cardiotoxicité, des cellules de muscle cardiaque sont ensemencées dans un récipient de culture, conjointement avec un milieu; un agent pharmaceutique est ajouté au milieu dans le récipient de culture pour mettre en contact ledit agent pharmaceutique avec les cellules de muscle cardiaque; et par la suite, un biomarqueur pour une maladie cardiaque secrété à partir des cellules du muscle cardiaque est mesuré pour évaluer la cardiotoxicité de l'agent pharmaceutique. Dans le récipient de culture, un groupe de cellules de muscle cardiaque ayant été ensemencées est formé avant que l'agent pharmaceutique soit ajouté.
(JA)
心疾患のバイオマーカーを高い精度で測定する心毒性評価方法を提供する。 心筋細胞を培地とともに培養容器に播種し、前記培養容器内の培地に薬剤を添加して、該薬剤を前記心筋細胞に接触させ、その後、前記心筋細胞から分泌される心疾患のバイオマーカーを測定して前記薬剤の心毒性を評価する、心毒性評価方法であって、前記薬剤を添加する前に、前記培養容器内で、播種された前記心筋細胞による細胞塊を形成する、方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報