処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129741 - 立毛人工皮革及びその製造方法

公開番号 WO/2020/129741
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048191
国際出願日 10.12.2019
IPC
D06N 3/00 2006.01
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
N壁,床または類似の被覆材料,例.リノリュウム,オイルクロス,人造皮革,ルーフィングフェルト,高分子材料の層によって被覆された繊維ウェブからなるもの;他に分類されない柔軟なシート材料
3高分子材料,例えば樹脂,ゴムまたはこれらの誘導体で繊維ウェブを被覆して得られる人工皮革,オイルクロスまたは類似物
D06M 11/00 2006.01
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
11繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,無機物質またはその錯体による処理;そのような処理が機械的処理と組み合わされたもの,例.マーセル化
D06M 15/564 2006.01
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19合成高分子化合物によるもの
37炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
564ポリ尿素,ポリウレタンまたはウレイドまたはウレタン連結基をもつ他の重合体;その初期縮合物
出願人
  • 株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 服部 洋之 HATTORI Hiroyuki
  • 加藤 康央 KATOU Yasuhiro
  • 末利 一之 SUETOSHI Kazuyuki
  • 永山 励 NAGAYAMA Rei
代理人
  • 江川 勝 EGAWA Masaru
  • 古川 通子 FURUKAWA Michiko
優先権情報
2018-23931421.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PLUSH ARTIFICIAL LEATHER AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) CUIR ARTIFICIEL EN PELUCHE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 立毛人工皮革及びその製造方法
要約
(EN)
This plush artificial leather includes a non-woven fabric composed of super-fine fibers that are intertwined, and a polymer elastic body imparted to the non-woven fabric by impregnation, wherein at least one surface of the non-woven fabric has a plush surface in which super-fine fibers are fluffed up. The super-fine fibers contain at least 0.5 mass% of pigment (A), the polymer elastic body contains 0-0.01 mass% of pigment (B), and the super-fine fibers and the polymer elastic body are not stained. The lightness L* value, as defined in the color coordinate space (L*a*b* color space), of the plush surface is 25 or less. The ratio of the area occupied by the polymer elastic body observed on the plush surface to the total area of the area occupied by the super-fine fibers and the area occupied by the polymer elastic body is 0.5% or less.
(FR)
L'invention concerne un cuir artificiel en peluche comprenant un tissu non tissé composé de fibres ultrafines qui sont entrelacées et un corps élastique polymère conféré au tissu non tissé par imprégnation, au moins une surface du tissu non tissé ayant une surface en peluche dans laquelle des fibres ultrafines sont peluchées. Les fibres ultrafines contiennent au moins 0,5 % en masse de pigment (A), le corps élastique polymère contient de 0 à 0,01 % en masse de pigment (B), et les fibres ultrafines et le corps élastique polymère ne sont pas colorés. La valeur de clarté L*, telle que définie dans l'espace de coordonnées de couleur (espace colorimétrique L*a*b*), de la surface en peluche est inférieure ou égale à 25. Le rapport de la surface occupée par le corps élastique polymère observé sur la surface en peluche par rapport à la surface totale de la zone occupée par les fibres ultrafines et de la zone occupée par le corps élastique polymère est de 0,5 % ou moins.
(JA)
極細繊維の絡合体である不織布と、不織布に含浸付与された高分子弾性体とを含み、少なくとも一面に極細繊維を立毛させた立毛面を有する、立毛人工皮革であって、極細繊維は0.5質量%以上の顔料(A)を含み、高分子弾性体は0~0.01質量%の顔料(B)を含み、且つ、極細繊維及び高分子弾性体は無染色であり、立毛面が、色座標空間(L***色空間)における明度L*値が25以下であり、立毛面に観察される、極細繊維の占有面積と高分子弾性体の占有面積との総面積に対する高分子弾性体の占有面積の割合が0.5%以下である立毛人工皮革。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報