処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020129731 - 運転支援装置

公開番号 WO/2020/129731
公開日 25.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/048088
国際出願日 09.12.2019
IPC
B60W 30/095 2012.01
B処理操作;運輸
60車両一般
W異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム
30特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない道路走行用車両の運動制御システムであって目的によって特徴づけられるもの(例.車両用サブユニットの関連制御を用いたシステムにおける目的)
08起こり得る又は差し迫った衝突の,予知又は回避
095走行軌跡または衝突可能性の予測を伴うもの
B60T 7/12 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
7制動をきかせる初動装置
12自動初動のためのもの;運転者や乗客の意志によらない初動のためのもの
G08G 1/16 2006.01
G物理学
08信号
G交通制御システム
1道路上の車両に対する交通制御システム
16衝突防止システム
出願人
  • 株式会社デンソー DENSO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 高橋 徹 TAKAHASHI, Toru
  • 神谷 慶 KAMIYA, Kei
  • 松永 昇悟 MATSUNAGA, Shogo
代理人
  • 山田 強 YAMADA, Tsuyoshi
優先権情報
2018-23883720.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DRIVING ASSISTANCE DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'AIDE À LA CONDUITE
(JA) 運転支援装置
要約
(EN)
A driving assistance device (10) which calculates the path of a host vehicle on the basis of the yaw rate of the vehicle and, on the basis of the possibility of collision with an object in a target area that includes the path of said host vehicle, performs driving assistance processing for avoiding or mitigating a collision with the object. Reliability, indicating the certainty of the path of the host vehicle, is calculated on the basis of steering parameters including a yaw rate change rate, which is the rate of change of the yaw rate with time and/or steering speed. The execution of driving assistance processing is then controlled on the basis of said reliability.
(FR)
La présente invention concerne un dispositif d'aide à la conduite (10) qui calcule le trajet d'un véhicule hôte sur la base de la vitesse de lacet du véhicule et, sur la base de la possibilité de collision avec un objet dans une zone cible qui comprend le trajet dudit véhicule hôte, effectue un traitement d'aide à la conduite pour éviter ou atténuer une collision avec l'objet. La fiabilité, indiquant la certitude du trajet du véhicule hôte, est calculée sur la base de paramètres de direction comprenant un taux de changement de vitesse de lacet, qui est le taux de changement de la vitesse de lacet au fil du temps et/ou de la vitesse de direction. L'exécution du traitement d'aide à la conduite est ensuite commandée sur la base de ladite fiabilité.
(JA)
自車のヨーレートに基づいて自車進路を算出し、その自車進路を含む対象領域における物体との衝突可能性に基づいて、物体との衝突を回避又は緩和する運転支援処理を実施する運転支援装置(10)である。ヨーレートの時間変化率であるヨーレート変化率及び操舵速度の少なくともいずれかを含む操舵パラメータに基づいて、自車進路の確からしさを示す信頼度を算出する。そして、信頼度に基づいて、運転支援処理の実施を制限する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報